専門マスター

車の荷室に犬を乗せる時の一工夫

憧れ飼い主プロジェクト/雨貝健世

笑顔のドッグトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画見ていただきありがとうございます。

JKC公認訓練士(ドッグトレーナー)のアマガイです。

今回紹介するのは
https://creators.yahoo.co.jp/amagaikensei/0300065571
で作った棚を使い犬を荷室に乗せる時の一工夫を紹介していきたいと思います。

車に犬を多頭乗せる人向けの動画になっております。

ちなみに犬をクレートに乗せる時はクレートに入れましょう!

犬の安全を守るためにもなりますし、犬の乗せ方によっては道路交通法違反になる可能性もあります。

犬の乗せ方の注意点の詳細はこちら
https://www.instagram.com/p/B0edVsPg-lY/?igshid=15860ll091wcb

今回使用する車はミニバンタイプの車です。

車の荷室にクレートを乗せると他の荷物が乗らない。
多頭飼いで車に乗りきらない。

でも車に合った棚を作れば悩みは解消します。

犬をクレートに乗せてその上に旅行カバンなど大荷物が入るため犬連れの旅行には最適!

犬が車内でなるべく快適に過ごせるように工夫のしかたをご紹介したいとおまいます。

今回使用するもの

オリジナル棚→作り方:https://creators.yahoo.co.jp/amagaikensei/0300065571

クレート
→300号サイズ2つ
→200号サイズ1つ
→100号サイズ2つ

ラバーマット
荷締めベルト
防振マット2枚
バスタオル3枚

手順

1クレート(300号サイズ)を2つ横並びに積む

2バスタオルを横向きにしてクレートに半分噛ませるように敷く
この時バスタオルの半分は車体の外に出るようにする

けんぴ流ポイント
バスタオルをクレートに噛ませ、半分を車体の外に垂らすことで犬が車に乗る時に車体のボディーに付きやすいひっかき傷を防止できます。

3防振マットをクレートの一番高い位置に敷く

けんぴ流ポイント
防振マットを敷くことで上にのせるオリジナル棚の傷防止になったり上に乗せるものを振動から守ります。
今回は棚の上にも犬を乗せるので酔いにくくもなります

4内装を傷つけないように慎重にオリジナル棚を乗せる

5オリジナル棚の上にラバーマットを乗せる

けんぴ流ポイント
ラバーマットを敷くことで棚の上の物の滑り防止、耐震になります!
クレートを荷締めベルトで締めることでラバーにクレートが食い込みすごく固定される

6クレート(200号サイズ1つ100号サイズ2つ)を乗せる

7荷締めベルトでオリジナル棚とクレートを締める

完成!

バスタオルをクレートの扉側に垂らすことで整頓された感じにも見えますが、犬の視界を遮ることで酔い防止にもなります。

皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このチャンネルは犬のしつけ、病気、飼育管理など幅広く犬の情報発信!

+フォローで次回の動画をお楽しみに!

憧れ飼い主プロジェクト

犬のしつけ、心理学、病気、手作りおやつなどYahoo!クリエイターズプログラムとYouTubeにて映像発信しています。
クリエイターズプログラムでは、要点だけをギュッと縮めて短編動画として発信していきます。
フォローやいいね、応援メッセージなど、とても励みになっています。
犬が大好きでたまらない、もっともっと愛犬とのよい思い出を作りたい、動画を見た瞬間からあなたの意識が変えられる動画を作っていますので、更新を楽しみにしていただけると嬉しいです。

心理学やしつけ方などコチラからも見れます!

https://www.youtube.com/channel/UCUDpyW6rOr9GKsjv5JrFckA

フォローは下のリンクから

https://creators.yahoo.co.jp/amagaikensei

-憧れ飼い主プロジェクト-

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る