How to

トレーニングの成果を出すためのポイント!!『腹圧』を知ってダイエット効果をアップさせょう!

anna

フィットネスインストラクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【トレーニングの成果が変わる腹圧の入れ方・体幹について】

夏も終わり、残暑が続きますが、季節はもう秋ですね(^^)/
秋といえば、スポーツの秋!食欲の秋!
食べて動いて燃やして太らないための健康習慣を作りましょう!!
トレーニングを励む皆さんへ、成果が出やすくなるための腹圧について
ご紹介いたします。

まず”腹圧”とは、お腹に力を入れて体幹を固定させること。
骨盤から背骨1個1個積み木みたいに積み重なって頭を支えています。この脊柱を支えているのが体幹筋です。
腹圧を入れることで身体のブレ、脊柱のゆがみを軽減し正しく骨格を動かすことができます。
同じトレーニングでも、腹圧が入っているといないとでは大違い!
それだけでなく、普段から腹圧を入れることで代謝が高まり、燃えやすい身体を作る効果も期待されます(^o^)

『腹圧の入れ方』
①では最初に、おへそから指3本分下を凹ませます。
②そのままおへそを真上に引き上げます。
③息をフーーッと細く吐きながらお腹の筋肉を縮め筋肉のコルセットをしめるように息を吐き切ります。
④吸う時は鼻から吸ってお腹と背中を膨らませ、入れた空気を骨盤から上に向かって口から出すイメージ。
⑤腹圧を何度か繰り返し練習してみましょう。

『お腹ひねりトレーニング』
①肩幅よりも大きく足を開き、腰を落とします。
②腹圧を入れて背骨を中心にお腹をひねり、腹圧が入ってない時と比べてみましょう。
③最初はゆっくりひねり、細かく息を吐きながらスピードアップでお腹をひねります。

毎日たったの1分でも、自分の為、家族の為健康の為の運動を習慣にしようと頑張る姿は
とても素敵です。なりたい目的、理想の自分に向かって頑張る皆さんを応援しています。
是非、フォローよろしくお願いいたします(#^^#)

…続きを読む