モノ/ガジェット

ラクラク設置でお手軽ホームシアターが完成! パナソニック「TH-100FP1」の魅力に迫る

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パナソニックがフルハイビジョンのホームシアタープロジェクター「インテリアシアター TH-100FP1」を発表しました。2019年4月中旬発売で、予想実勢価格は30万円です。

TH-100FP1の大きな魅力は、設置がしやすいところにあります。約17cmの距離で60インチのスクリーンサイズでの投影が可能な超単焦点レンズを搭載しているため、約48cm離すだけで120インチもの大画面スクリーンでホームシアターを楽しむことができます。

HDMI入力端子は2系統備えていますが、Wi-Fi経由でパナソニックのDIGAシリーズをはじめとするネットワーク再生対応のBDレコーダーと接続してコンテンツを再生することも可能。そのため、「必要な時だけ引っ張り出して設置して再生する」という“週末ホームシアター”的な使い方も手軽に行えます。

約48cm離すだけで120インチもの大画面投影ができるので、PS4などのゲーム機を接続してワゴンラックなどに収納しておき、必要な時だけ設置して使うみたいな楽しみ方もできそうです。

憧れる人も多いホームシアターですが、本体やスクリーン、スピーカーの設置場所などを取ることが多いため、同居する家族の同意が得られないことも多いと思います。しかしTH-100FP1はステレオスピーカーも内蔵しているため、スクリーンを設置するスペース、もしくは投影できる壁面さえ用意すれば手軽に楽しめそうです。

…続きを読む