モノ/ガジェット

ボタン1つで手軽に時短調理が可能! パナソニック電気圧力鍋の魅力に迫る

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パナソニックが1.7気圧の高圧で調理ができる電気圧力鍋「SR-MP300」を発表しました。2019年7月1日発売で、実勢価格は3万円前後です。

SR-MP300の魅力は、一般的な鍋とは違った高圧(約1.7気圧)で調理できる点にあります。大気圧(約1気圧)に比べて鍋の内部が高圧になるために沸点が上がり、100度を超える高温で調理することが可能です。

そのため、普通のお鍋なら煮込みに約3時間かかる豚の角煮が約1時間で、煮るのに約4時間もかかる黒豆も約1時間で仕上がります。仕事やプライベートなど忙しい時間をぬって、時短をしながら本格調理ができるのが大きな魅力となっています。

自動調理10レシピに加えて手動調理70レシピの全80レシピを搭載しており、自動調理メニューは予約調理も可能になっています。

・製品情報はこちら
https://panasonic.jp/cook/products/sr-mp300.html

…続きを読む