モノ/ガジェット

この夏はさわやか男子を目指そう! パナソニックのボディトリマーなら全身のムダ毛処理が可能

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いよいよ夏本番。海やプールに出かける前に、ムダ毛処理をしておかなきゃ……というのは、今や女性だけの考えではありません。「スネ毛がフサフサしているのが男らしい」なんて時代は今や昔。なんと女性の86%が毛深い男性は好きじゃないと答えているのです(パナソニック調べ)。欧米、特に欧州では、手足の毛をきれいに剃るのは当たり前になっているそうです。

パナソニックが2019年6月に発売した「ボディトリマー ER-GK80」(実勢価格1万円前後)は、2017年発売の初代モデル「ER-GK60」から数えて3世代目のモデル。全身の体毛を剃りやすいようにI字シェイプになっており、V型の刃がお尻の割れ目の奥にまで入り込みやすくなっています。腕の毛やスネ毛だけでなく、VIOゾーンなどと呼ばれるデリケートゾーンも安心して処理できるのが魅力です。

新モデルは、肌を守る「肌ガードアタッチメント」に加えて、新たに3mmから12mmまで1mm単位で長さを調整できる「ダイヤル式長さそろえアタッチメント」を付属。肌ガードアタッチメントの2mmから12mmまで、11段階の長さ調整ができるようになりました。いきなりきれいに剃りあげるのは恥ずかしいという人も、少しずつ自分や周りを慣らしながら好みの長さでトリミングできるのが魅力です。

今や男性もムダ毛を処理するのは当たり前。この夏から始めてみてはいかがですか?

・製品情報
https://panasonic.jp/mens/body/er-gk80.html

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る