モノ/ガジェット

 会話レッスン機能とカメラ翻訳機能を搭載! 小型翻訳機 ポケトークSの魅力に迫る

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 ソースネクストから小型翻訳機「ポケトーク」シリーズの最新モデル「ポケトークS」が登場しました。2019年12月6日発売で、直販価格は2万9800円(税別)です(グローバル通信機能非搭載のWi-Fiモデルの直販価格は2万4800円)。

 ポケトークシリーズはボタンを押して話しかけるだけで、さまざまな言語と日本語との相互翻訳を行ったり、外国語同士の相互翻訳にも使える小型翻訳機です。英語や中国語はもちろん、ロシア語やポルトガル語の方言まで74言語に対応し、55言語は音声とテキストに、19言語はテキストに翻訳してくれます。133の国と地域でそのまま使えるグローバル・モバイル通信付きで、本体料金だけで2年間、翻訳機能を好きなだけ使えるのが魅力。利用期間終了後は、1年間で5000えん、もしくは2週間で3000円のプランを購入することで継続することができます。もちろんWi-Fiルーターやスマートフォンのテザリング機能を利用して通信すれば、追加料金は不要です。

 ポケトークSでは、新たに「会話レッスン」機能を搭載し、さまざまなシーンで活用できる会話を学習できるようになりました。最初は英語のみですが、今後さまざまな言語に対応する予定とのことです。

 さらに、新たに800万画素カメラを搭載し、外国語の書籍や雑誌、看板などを撮影するだけで翻訳してくれる「カメラ翻訳」機能も搭載しました。カメラ翻訳機能は55言語に対応し、わざわざ何語かを指定しなくても自動的に認識してくれるのが魅力です。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る