モノ/ガジェット

4K放送を手軽に録画できる4Kテレビが登場! パナソニックの新VIERAはレコーダー内蔵で設置もラク

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 パナソニックが新4K衛星放送の録画や保存も可能なBDレコーダーを内蔵する4Kテレビ「VIERA GR770」シリーズを発表しました。2020年1月24日発売で、49V型と43V型の2モデルをラインアップ。実勢価格は49V型の「TH-49GR770」が28万6000円(税込み)、43V型の「TH-43GR770」が24万2000円(同)です。

 GR770シリーズの魅力は「オールインワン」にあります。従来の地上デジタル放送やBSデジタル放送よりも高解像度な4K放送を視聴できるだけでなく(視聴には別途アンテナ設置などが必要になる場合があります)、録画からブルーレイディスクへの保存も可能。さらに4K解像度の「Ultra HD Blu-ray」を見たり、NetflixやHulu、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスを楽しむこともできます。

 BDレコーダー一体型のため、テレビとレコーダーをケーブルで接続するひつようもありません。電源ケーブルをコンセントに挿し、アンテナ線をつなげるだけで視聴や録画ができる設置の手軽さも大きな魅力です。

 ホームボタンを押すとサブメニューが表示され、録画予約や録画番組の視聴も簡単にできるようになっています。

 「オリンピック前にテレビとレコーダーを買いたいけど、設置がしやすくて使いやすいものじゃなきゃイヤ」という人にオススメのモデルです。

…続きを読む