モノ/ガジェット

ジップロックで低温調理できるトースターが登場! テスコム「TSF601」は調理革命を起こすか!?

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 テスコムから低温調理機能を備えるコンベクションオーブン「TSF 601」(実勢価格1万6000円前後)が登場しました。角形食パン4枚を同時に焼けるトースターとしてだけでなく、熱風を循環させるコンベクションオーブン機能を搭載するマルチな調理家電です。

 注目は、35度から90度まで5度刻み、最長12時間まで対応する低温調理機能です。一般的な低温調理は、ジップロックなどのフリーザーバッグに肉や魚などの食材と調味料を入れてお湯の中に浸し、そのお湯の温度をコントロールすることで行います。フリーザーバッグに空気が入ると熱が伝わりにくくなるためしっかりと空気を抜かなければならないことや、鍋に水を浸して作ることなどから、ちょっと面倒な調理方法です。

 TSF601はその低温調理を水なしで行えるだけでなく、なんとあのジップロックのフリーザーバッグやコンテナーに入れたまま低温調理が可能だというのだから驚きです(フリーザーバッグは70度以下、コンテナーは90度以下に限る)。しかし、水に比べて熱が伝わりにくいのに、うまく低温調理ができるのでしょうか? 試してみることにしました。

■参考情報/Yahoo!ショッピング
テスコム 低温コンベクションオーブン TSF601 トースター
https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4975302860118/compare.html

…続きを読む