モノ/ガジェット

  • いいね

パワフル空清が小型化! ブルーエアの「Blueair Protect」

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ブルーエアから空気清浄機の最上位モデル「Blueair Protect」が登場しました。適用床面積最大70畳の「7700シリーズ」と、同40畳の「7400シリーズ」の2種類で、全モデルWi-Fi機能を内蔵しており、スマートフォンアプリで空気の見える化ができるようになっています。

Blueair Protectは、従来のBlueair Classicシリーズから大きくモデルチェンジしました。その一つが「Germ Shield」機能です。本体に搭載する温度・湿度センサーによって本体内部の環境をセンシングし、菌が繁殖しやすい状態を検知すると内部に微風を送って乾燥させるだけでなく、プラズマ放電を用いた「イオンチャージ」機能によって汚染物質を分解するとのこと。

従来モデルから進化した「HEPASilent Ultraテクノロジー」は、空気中の花粉、ハウスダスト、PM2.5、ウイルスなど0.1 μ m 以上の微粒子を99.97%捕集できるとのことです。

■参考情報
・ブルーエア「Blueair Protect」
https://store.blueair.jp/category/PROTECT/

シェア

いいね

コンテンツへの感想