モノ/ガジェット

  • いいね

どこにでも持ち運べる! パナソニック「レイアウトフリーテレビ」

安蔵靖志

IT・家電ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パナソニックから、ディスプレイ部を好きな場所に置いて楽しめる新コンセプトの4Kテレビ「レイアウトフリーテレビ(TH-43LF1)」が登場しました。テレビというと以前は〝リビングの主役〟といった感がありましたが、従来のテレビはアンテナ線やレコーダーなどの機器のケーブルが届く範囲でしか設置できないことや、「テレビの位置によって家具のレイアウトが制限されることに不満」、「デザインがインテリアになじまない」といった声もありました。

このレイアウトフリーテレビはディスプレイとチューナー部を分離し、4K画質にも対応した無線伝送をすることで、ディスプレイ部のアンテナ線接続を不要にしました。電源ケーブル1本を接続するだけで、視聴場所を選ばずにテレビや動画配信サービスなどを楽しめるのが魅力です。

ディスプレイ部にはキャスター付きスタンドを採用しており、壁に寄せたり、部屋の中央に設置したりできます。電源ケーブルのプラグ部にマグネットを採用することで、足を引っかけたり、ケーブル長以上の遠い場所に設置した場合などには外れるようになっているので、ケーブルに足をかけて転んだり、ディスプレイ部を倒してしまったりといった事故も防げます。

チューナー部は2TBハードディスクを内蔵し、新4K衛星放送対応チューナー2基を含む3チューナーを搭載しているので、新4K衛星放送の裏番組録画も可能です。

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る