タイトル画像

【薔薇の季節が到来】与野本町駅前のバラが見頃を迎えています(さいたま市中央区)

ARATA

ブロガー@さいたま新都心TODAY(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

5月に入り、バラの花が美しく咲く季節を迎えました。JR埼京線「与野本町」駅の西口にある駅前公園のバラも見頃を迎えています。

さいたま市中央区の区の花は「薔薇」

日本の各自治体ごとのシンボルとして、市区町村の花や木、鳥などがあります。さいたま市の10区にも区ごとの花が決められており、さいたま市中央区の区の花は「バラ」となっています。

かねてから約180種類以上・約3,000株のバラが咲く「与野公園」が多くの住民に親しまれていること、また旧与野市観光協会でもバラを「市民の花」に指定していたことから、区の花となりました。

ちなみに大宮区は「サクラ」、浦和区は「ニチニチソウ」、北区は「菜の花」、西区は「アジサイ」、見沼区は「クマガイソウ」、桜区は「サクラソウ」、南区は「ヒマワリ」、緑区は「サクラ」、岩槻区は「ヤマブキ」です。

さいたま市中央区の区の花「バラ」が見頃
さいたま市中央区の区の花「バラ」が見頃

与野本町駅前公園のバラは、区制10周年の際にバラのモニュメントが設置され、中央区内8校の小学4年生の代表16名などがバラの植樹を行いました。

植樹されたバラは「レッズローズ」というサッカーJリーグの浦和レッドダイヤモンズ公認のバラとのことです。

浦和レッドダイヤモンズ公認ローズ「レッズローズ」
浦和レッドダイヤモンズ公認ローズ「レッズローズ」

与野本町駅前公園には赤やピンク、黄色、白など、様々な色のバラが咲いています。通りの両側に咲くバラを眺める方や、足を止めて写真に収める方も多くいました。

与野本町駅前公園には様々な色のバラが咲いています
与野本町駅前公園には様々な色のバラが咲いています

通勤や通学、お買い物の際、与野本町駅前公園を通り、きれいなバラを静かに眺めて、癒やしのひと時を過ごしてください。

与野本町駅前公園
住所:さいたま市中央区本町東1丁目14−28
アクセス:JR埼京線「与野本町」駅西口すぐ

シェア

いいね

コンテンツへの感想