タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【岐阜市】工場直売!はるな愛の「デラメチャ気になる」でも取り上げられた伝説の蒸しパンをテイクアウト

aruku

岐阜をとことん愛するライター(岐阜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

出来立てを食べられる特別な場所、それが「工場直売所」。

なんだかワクワクして素敵な響きですよね。

そんな憧れの「工場直売所」が、岐阜市にもあったんです!

そう、岐阜のソウルフードと言っても過言ではない「ロバのパン」です。

なんと、2月27日放送の「デラメチャ気になる!」では、はるな愛さん、村上佳菜子さん、そして竹内力さんもこの直売所に訪れていました。

「ロバのおじさんチンカラリン」の歌でお馴染みですよね。

私も、家であの歌が聞こえてきて、子どもに急かされ大慌てで財布片手に飛び出した事が何度かあります。

それが…ここに来ればいつでも買えるなんて。

もう「さ、財布が見つからない!ああ!待って!行かないでー!!」とパニックになる日々にさよならです!

直売所があるのは岐阜競輪場のすぐ近く。

住宅街の中なので、少し分かりにくいかもしれません。

お店の周りには販売用の車が何台もありました。

遠目にも目立つので、これを目印に探すと分かりやすいです。

店舗周りに駐車場もあります。

広々として停めやすいので、運転がちょっと苦手な私としても助かります。

こじんまりとした店内には、カラフルな蒸しパンが沢山!

ポップな色あいが可愛いー!

奥からは甘くていい香りが。

ふわふわホカホカの、パンを蒸す臨場感が伝わってきます。

これこれ、この感じ!これぞ工場直売店!!

店内にはロバがパンを売っていた頃の写真も飾られていました。

調べてみると、1960年頃までは全国的に馬車で町を練り歩きパンを売っていたそうです。

けれど、自動車が普及して道路事情が変わり、馬車を使った販売が困難に。

その後、今のような自動車の販売に移り変わっていったようです。

こんな物も発見!

こ、これはロバのパン屋さんの車から流れているあの歌ではありませんか!!

「パン売りのロバさん」と言う名前だったのですね。

500円かぁ、意外とリーズナブルで買いたくなっちゃいます。

今回は「紅茶パン」と「カスタードクリームパン」を購入しました!

カップからあふれ出る蒸しパンが美味しそう~!

それにしても、あんなに色とりどりのパンがあったのに似たような色味のパンを選んでしまいました…。

だって、味が気になっちゃったんですもの。

レンジでチンすると、できたての食感が戻ってくるそうです。

さっそく試してみると…おおー!あったかフワフワ!そして、いい香り。

特に、紅茶の蒸しパンは温める事で甘い香りに交じって茶葉の香りが強くなる気がします。

クリームの蒸しパンも、温めた事で中のクリームがとろとろになって凄く美味しいです!

同じ蒸しパンですが、食べてみると全然雰囲気が違って面白い~!

冷凍すれば1か月も持つそうなので、全種類まとめ買いして毎日楽しむのもいいですね。

一恵庵 ロバのパン工房
岐阜県岐阜市岩栄町2丁目17
058-213-8188

営業時間 9:00~19:00
営業日 月~日(不定休)
ロバのパン岐阜 公式HP

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想