タイトル画像

How to

  • いいね

イラストで解説!手放す服の見つけ方

浅川りか

ゆるミニマリスト、イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

はじめまして、イラストレーター兼ゆるミニマリストの浅川りかです。

今回ははじめての掲載ということなので、モノ(今回は服)の手放し方に加え、ミニマリストになった経緯もご説明できればと思います。コラムの最後にフローチャートもつけてあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
※当コラムの漫画では、私の代理として「片付けネコちゃん」に出演してもらっています。私の似顔絵だとなんだかパッとしないので…。笑

部屋が片付かない

実はごくごく最近まで、私は全く片付けられない人でした。正確には、「頑張れば綺麗に片付けをできるけれど、すぐにぐちゃぐちゃになる人」。

部屋はいつもぐちゃぐちゃ、ストレスフルな日々
部屋はいつもぐちゃぐちゃ、ストレスフルな日々

重い腰を上げれば何とか綺麗な状態には出来るけれど、「何で!?昨日綺麗に片付けたのに、もう散らかっている…。」ということが毎日。原因が分からないし、散らかったものをまた収納する作業が大変で、本当にストレスでした。

モノが多すぎる、という大発見

そんな時にミニマリストの友人がSNSに投稿していた写真に衝撃を受けました。

あ、あれぇ…何?この差は。
あ、あれぇ…何?この差は。

何だかものすごくスッキリしている。そもそもモノが少ない。もしかして…モノ、多すぎ?

よく見るとクローゼットは1度しか着ていない服でギュウギュウ。毛玉だらけの「部屋着用」の服でタンスの引き出しはパンパン。食器の洗い場はいつもいろいろな食器で埋まっているし…ハサミやペンも、同じものが何個もあって至る所に散らかっている。

もしかして、自分はキャパシティ以上のモノを持ちすぎているのかもしれない。
自分の所有物の多さに気づいた瞬間でした。

(勿論、他にもミニマリズムに目覚めた理由はあるのですが、長くなるので次回以降のコラムで徐々にお伝えしていく予定です。)

断捨離を決意

「よし、捨てよう!」

とはいっても、何から捨てたら良いのか迷う方も多いと思います。

私が一番最初に手をつけたのは「服」でした。
理由としては、売った時にあまり高価になるものがないので「あれ、捨てずに売ればよかったなぁ…」と後悔するリスクが少ないからです。また、服は結構場所を取るので捨てたときの達成感が出やすいんです。なので、スッキリしたいけど何から捨てようか…と迷っている方にはオススメしたいです。

いざ断捨離作業をスタートしてみると、まぁ出るわ出るわ、いらない服のオンパレードでした。

いらない服の多さに流石にショックを受けた
いらない服の多さに流石にショックを受けた

数年前に引っ越しをしたのですが、こんなものを持って引っ越したのかと思うとその労力が本当に勿体なかったなぁと思います。だって、いらない服をパッキングして、引っ越し代を払い、わざわざ持ち運んでもらい、また引っ越し先で開封して場所をとって…って、ちょっとしたコントのようです。

明らかにそんな価値はなかったのに、当時の私には「捨てる」という考えは微塵も浮かびませんでした。当時の自分はあれもこれも必要なモノだから絶対に捨てられない!と思っていたけれど、思い込みって怖い。

さて、そんなこんなで服を大量に捨て、スッキリしたクローゼットに感激。

人生初!スッキリしたクローゼット!
人生初!スッキリしたクローゼット!

今まで口癖のように言っていた「収納が全然足りない」「もっと広い家に引っ越せたら…」というネガティブな言葉は全く言わなくなり、今の家に十分満足できるようになりました。結果として、生活の質がとても上がったような気がします。不要なものに生活の質まで落とされていたとは。

服も選びやすくなり、毎日お気に入りの服が着れるので快適。洗濯もとても楽になりました。

フローチャートでクローゼットを見直してみよう

ここまでお読みいただきありがとうございました。

とはいっても、いきなり服を捨てろって言われても難しいですよね。私の場合、まず判断基準がよく分からなかったんです。なので、「自分のクローゼットを見直したいけどどうしたら良いの?」という人のためにオリジナルのフローチャートを作ってみました。ぜひ活用してみてくださいね。

※これが絶対!というものではありません。独断で作っているので、ご自身の判断の参考にする程度で使っていただければと思います。
※これが絶対!というものではありません。独断で作っているので、ご自身の判断の参考にする程度で使っていただければと思います。

コツは、保留にしないこと。「売りたいけど出品が面倒だから後で売ろう、それまで取っておこう」とすると、結局捨てられずスッキリすることもなく、「やらなきゃなぁ…」というストレスとともに時間が経過するだけなので、思い切って捨ててしまうことをオススメします。
次回は食器の断捨離について書きたいと思います!

以下のリンクでは、私のイラストのお仕事や最近ハマっているアニメーション作りについてゆるく発信中です。もし良かったら覗いてみてください。
Twitter→ こちら  公式HP→こちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想