タイトル画像

How to

  • いいね

イラストで解説!食器をスッキリさせる方法

浅川りか

ゆるミニマリスト、イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、イラストレーター兼ゆるミニマリストの浅川りかです。

今回のテーマは「食器」。早速書いていきたいと思います。

食器ってごちゃごちゃしがち

うちには食器棚がありません。棚に備え付けてある狭い収納スペースだけ。

キッチンもそんなに広くありません。なので、「狭いなぁ〜、食器棚買おうかなぁ、でもキッチン狭いしなぁ」といつも不満ばかり口にしていました。

そんな環境で、尚且つ前述の通り片付けが苦手なズボラ人間な私なので、キッチンの洗い場はいつもひどいありさま。食洗機が壊れてからはさらに状況が悪化していました。

本当に酷いありさまでした…
本当に酷いありさまでした…

よく観察&分析、そして断捨離

でも、よく見てみると食器がごちゃごちゃするのにも原因がありました。

まずそもそもの数が多すぎること。洗わなくても食器があるから、次々に使って手に負えないくらい食器が溜まってしまう。

そして、収納の効率が悪いこと。形がバラバラだったり、スタッキングできないタイプだったりと収納しづらい食器が多いから余計に散らかってしまうこと。

この2点を解決すべく、断捨離開始です。

地味に不便だった食器たち
地味に不便だった食器たち

まずは食器の数を減らすことにしました。

ヒビや汚れ、欠けがある食器は思い切って全部処分。大きすぎて年に1度も使わないような食器も処分しました。スタッキングできない食器も処分。もともとあった食器がそんなに高価なものではなかったため、そんなに躊躇はしませんでした。(もし高価な食器を処分したい場合は、フリマアプリや中古品店の宅配買取などがおすすめです。)

次に、機能を合体できそうな食器は新たに買い替えることにしました。

結構いろいろなところに使える法則です。
結構いろいろなところに使える法則です。

これは他のものでもそうですが、複数の場面で使えるようなものに買い替えると、モノの数を2分の1や3分の1まで少なくすることができるのです。服や靴、カバンなどいろいろな場面で応用できるので、ぜひ試していただきたいです。

こうして食器の数はスッキリ、元の3分の1以下に。箸やコップも極力少なくし、割り箸や紙コップで代用できるところはするようにしました。
今のところですが、食器を減らして不便に感じたことはありません。むしろ、食器が足りなくなった段階で洗い物をするしかないので、あまり洗い場に食器が溜まることはなくなりました。自分の性格には合っているように思います。

行き着く先はシンプル
行き着く先はシンプル

結局、残ったのは白い無地の食器ばかり。どこにでも応用が効くことを念頭に入れると、最終的にはシンプルに行き着くのかも。

さて、厳選に厳選を重ねた食器選抜ですが、意外にも生き残ったのは100円ショップの食器ばかりでした。結構高かったのに使いにくいものもあり、自分にとって大切かどうかと、世間での値段が安いか高いかはあまり関係ないということを学びました。

これは結構大事なことかもしれないなぁと、個人的には思っています。今の自分が本当に大切で使いやすいものを残していくことって、つまりは自分の判断や価値観を軸に生きることですよね。私がゆるミニマルな暮らしで手に入れたいのは、その先にある生きやすさなのかもしれません。

ーーーーーーーーーー

お仕事についてや最近ハマっているアニメーション制作についてゆるく発信中!
よかったら覗いてみてください♪
Twitter→こちら  公式HP→こちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想