タイトル画像

How to

  • いいね

食洗機と手洗い、ズボラさんはどっち向き?両方使ってみた感想をレビュー

浅川りか

ゆるミニマリスト、イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ゆるミニマリスト兼イラストレーターの浅川りかです。
今回は食洗機についてお話ししたいと思います。

洗い場に食器が溜まってしまう…どうにかしたい!

キッチンの洗い場って、ついついお皿が溜まってしまいがちです。自分以外の家族がいると、その人数分だけ食器が増えるので管理が大変ですよね。私も洗い場の衛生管理は非常に苦労していました。

洗っても洗ってもすぐにお皿が貯まる
洗っても洗ってもすぐにお皿が貯まる

そこで考えたのが、食洗機の導入でした。

食洗機を導入!便利だけどデメリットも…?

食器が大量にあったため、大きな食洗機を買いました。

食洗機のメリットとしては、軽く洗って入れるだけで食器が綺麗になるので楽でした。また、高温でまとめて洗えるところも衛生的で良かったです。しかし、長い期間使ううちにデメリットも見えてきました。

  • 食洗機の手入れがめんどう
  • 掃除しても微妙にゴミが残り匂う
  • 食器の洗い上がりに時間がかかる

そして極めつけはとにかく場所を取ること!
2年近く使っていましたが、最後はドアの部分が故障してしまい、食洗機は処分することになりました。
食洗機が壊れたことをきっかけに、そもそも、何で食器が溜まってしまうのか?ということを考えてみました。

食器はなぜたまる?

以前も記事にしましたが、何かがうまくいかない時は大抵、モノや作業の流れに滞りが生じ、循環が悪くなることが原因になっています。そして流れが悪くなることでさらにトラブルが生じ…という悪循環に陥ってしまうのです。

今回は

キッチンに汚れたお皿が溜まる→

「まだあるから良いか」と思い新しいお皿を使う→

さらにお皿が溜まる→

一念発起しないと取りかかれない量になる

という循環が起こっていたのが原因だったのです。

なら、お皿がたまらないうちに洗う仕組みを作れればお皿が溜まらなくなるはずです。

私が几帳面な性格でこまめにお皿を洗えれば一番良いのですが、私はめちゃくちゃ面倒くさがりなのでお皿を洗うのってすごく負担に感じてしまうんです。毎食後必ずお皿を洗うとか面倒くさすぎて絶対に無理…。でも、自分の性格上「まだお皿がある」状態だと100%後回しにしてしまいます。

そこで決断したのは…お皿の量を減らす ことでした。

食器を減らして手洗いに

私のようなズボラなタイプの場合、皿の量が人数に対して多すぎると、「まだあるから」と限界まで洗い場に溜め込んでしまうのです。しかし食器自体の数が少ないと、食器が無くなったタイミングで洗うしかないので渋々お皿洗いをすることになります。洗い場にあまりにも食器が山積みになっていたり、悪臭がしたりするとやる気がなくなりますよね。溜まる前に皿がなくなる程度の量を持っていればその心配がありません。

我が家の場合、忙しい時のことも考えて人数×2日分程度の量で食器の量を維持していますが、以前のように山積みにならないので食器洗いのハードルが下がりました。

山盛りになっていないだけで取り掛かりやすさが違います
山盛りになっていないだけで取り掛かりやすさが違います

「ちょっと飲みたい」時は紙コップで

そして、お皿洗いの手間を節約する小技なのですが…我が家では紙コップを買って「ちょっと飲みたいな」という時に活用しています。毎回飲み物を飲むたびに洗っていてはあまりにも非効率だからです。

箸も調理の時や洗い物が面倒な時は割り箸を使うようにしています。洗い物が省ける上、生肉を扱う時は食中毒対策としても優秀です。

環境への負担を考えるとあまり手放しにお勧めはできませんが、食器を洗うには水や洗剤を使いますし、食洗機なら電気を使いますし…少量だったらそこまで環境負荷に差はないのではないかと思います。

私はとにかく「ストレスを減らす」ことを生活の目的にしているので、割り箸や紙コップなどの消耗品を使うのはアリだと思っています。

ということで、手洗い+少量の食器(&使い捨て食器) が一番時短で自分に合っていた!というお話しでした。誰かの参考になれば嬉しいです。

――――――――

以下のリンクでは、私のイラストのお仕事や最近ハマっているアニメーション作りについてゆるく発信中です。もし良かったら覗いてみてください。

Twitter→ こちら  公式HP→こちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想