タイトル画像

How to

  • いいね

もう食洗機はいらない!?食器の手洗いを簡単にする5つのコツ【ズボラさん向け】

浅川りか

ゆるミニマリスト、イラストレーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ゆるミニマリスト兼イラストレーターの浅川りかです。

突然ですが…食器洗いって苦痛ですよね。私も食器を洗うのが苦手すぎて悩んでいました。

数年前には食洗機を導入したこともありましたが、食洗機自体の管理が結構大変で…結果的に手放すことになりました。けれど、モノを増やしたり減らしたり、食洗機を使ったりを経て、少しづつ楽に食器洗いをするコツを見つけられてきています。今回は食器洗いが苦手なズボラさん向けに、そのコツをご紹介したいと思います。(いつものことではありますが、やり方を強制するものではありません。自分に合っているかも?と思ったもののみ参考にしていただければと思います)

1、食器自体を少なく

やはり食器の量自体を減らすのが私には一番手っ取り早かったです。多すぎるとついつい汚れた食器を溜め込んでしまうので、自分に合ったキャパシティ内にとどめておく方がスッキリしやすいです。

食器の減量をお考えの方はこちらに減らし方のポイントも書いているので
良かったら読んでみてください。

2、お湯で洗う

食器を水で洗っている方、結構多いのではないでしょうか。
個人的には、食後の汚れはお湯の方が圧倒的に早く落ちるので、お湯で洗うことをおすすめします。
カレーなどのしつこい汚れは、洗う前にキッチンペーパーで拭ってから洗うと良いですよ。

ガス代は犠牲になりますが、引き換えに時間と手間、水道代の節約にはなるのでよしとしています
ガス代は犠牲になりますが、引き換えに時間と手間、水道代の節約にはなるのでよしとしています

3、食器棚は置かない

食器棚があると、乾いた食器を入れたり、また使うときに出したりなど余計な段階が増えます。棚って実は曲者で、言葉にすると「食器の出し入れ」と2ステップにように聞こえますが、実際は「扉を開ける」「食器を入れる」「扉を閉める」「扉を開ける」「食器を出す」「扉を閉める」と、出し入れだけで6ステップも必要になります。扉が開けにくい商品だとさらにストレスになりそうです。

さらに掃除の手間や場所も取ることを考えると…食器棚が本当に自分に合っているのか、見直しても良いかもしれません
さらに掃除の手間や場所も取ることを考えると…食器棚が本当に自分に合っているのか、見直しても良いかもしれません

食器棚自体の掃除も必要になりますし、ズボラな自分にはあまり合っていないように感じました。食器の量を乾燥台に入るだけにすれば、洗って置く、使う時に取る、の2ステップなので手軽です。

4、大きいものから洗う

洗う時に、ついつい上にあるものから洗っていませんか?実は食器の洗いにくさの一因に、「シンクのスペースの狭さ」があります。大きい食器を先に洗うことで、スペースができ食器洗いがスムーズになるんです。小さいことですが、ちょっと助かる小技です。

5、手荒れ対策に手袋を

実は私、手荒れしやすい体質で…100円ショップなどで手に入る100枚入りのビニール手袋を使っています。正直、当初から使っていれば良かった!と思うくらい苦痛が減りました。私の場合、なぜか右手にだけ湿疹ができるので、右手にだけ手袋着用、左手は素手で食器を持つようにしています。両手に手袋をしていると滑りやすいので、食器を割ってしまうことがあるんですよね。片手に手袋だと手荒れせず、食器も割らずで安定しています。

ただ、こちらはそれぞれ体質や習慣などもあると思うので、自分に合った方法を選んでみてください。

以上、私が食器洗いを簡単にするために気をつけていること5選でした。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

――――――――

以下のリンクでは、私のイラストのお仕事や最近ハマっているアニメーション作りについてゆるく発信中です。もし良かったら覗いてみてください。

Twitter→ こちら  公式HP→こちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想