タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【福島市】ミニ遊園地「ももりんパーク」!押さえておきたい3つのポイント

ASAMI

福島市観光ノートライター(福島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

福島市には、テーパマークやレジャーランドのような大型の遊園地がありません。ですが、幼い子どもから楽しめるミニ遊園地「ふくしま児童公園SFCももりんパーク」があります。

ここの魅力は、とにかく安い!ひとり1000円以内で大満足に遊べるので、子育て世代に大人気のスポットです。

そこで今回は、ももりんパークをより楽しむ為に親が知っておきたい、ちょっとしたポイントを3つご紹介します。

ももりんパークはこんなミニ遊園地

福島駅から車で10分弱の距離にあるももりんパーク。敷地には30種類以上の有料・無料の遊具が揃っています。

小型遊具は30円/回、中型遊具は50円/回、大型遊具でも100円/回と、とってもリーズナブル!園内の大型遊具&豆自動車全部乗っても550円なのは有り難いです。

ももりんパークを楽しむ為に知っておきたい3つのポイント

さてさてそんなももりんパーク!やはり天気の良い休日は家族連れ混み合っています。子どもとの外出は、体力勝負!できる限り親の負担を減らす為に(笑)ちょこっと抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

ポイント①|駐車場確保

日曜日の9:15の様子。オープン前でも既に10台くらい停まっていました。
日曜日の9:15の様子。オープン前でも既に10台くらい停まっていました。

車で行かれる方は、駐車場がポイントです。園のすぐ横にある無料の駐車場は24台と限られていて、休日はすぐに満車になります。近くに有料の駐車場もいくつかありますが、天気の良い休日はこちらも満車に。

臨時駐車場として市役所の駐車場を無料で利用できるのですが、徒歩6分ほど離れた場所になってしまいます。

荷物抱えて子ども達を連れの移動は何かと大変ですので、予め念頭に入れた準備が大切かと思います。

ももりんパークの駐車場に停めたい!という方は、やはりオープン時が狙い目ですね。

ポイント②|Twitterでイベントを要チェック

ももりんパークは、定期的にイベントを開催しています!

2022年のゴールデンウィーク期間は

  • 5月3日(火)はお祭り縁日&一輪車ショー
  • 5月4日(水)はお祭り縁日
  • 5月5日(木)は大型遊具無料開放

などのイベントが開催予定です。

このようなももりんパーク情報は、Twitterで確認することができます。

イベント好きな方はもちろん、できる限り混んでいない日に行きたい…という方にとっても、貴重な情報源になるかと思いますので要チェックです!

※5月5日の大型遊具無料開放は完全予約制。既に規定数に達し、整理券の配布が終了しているとのことです。

ポイント③|食事はどうする?

ももりんパークはあくまで公園ですので、園内に食事処はありません。ですが、ジュースやアイスの自動販売機は充実していますし、きっぷ売り場でパンなどの軽食も販売しています。(数に限りあり)

また休日は、福島市の人気パン屋「ら・さんたランド」などのキッチンカーも出ています。

シートを広げてピクニック…という雰囲気ではありませんが(※個人的感想です)園内にはベンチや机もいくつかありますので、ひと休みしながら楽しむことができます。

ゴールデンウィーク前半戦はあまり天気に恵まれませんでしたが、後半戦は晴れ予報が続いていますので、是非参考にしてみてくださいね♪

ふくしま児童公園SFCももりんパーク(福島市児童公園)
【住所】福島市桜木町7-36
【電話】024-572-3575
【時間】9:30-16:30(11月-3月までは16:00)
【休園日】毎週火曜/12月31日/1月1日 ※小学校の夏休み期間は無休

【こちらもおすすめ】

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。