How to

  • いいね

賃貸OK!初心者さんにもオススメ!「はがせる壁紙のり」でアクセントウォールを楽しもう

asasa0509

インテリアスタイリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

たった一面変化させるだけでお部屋全体の雰囲気を変えるアクセントウォール。

でも賃貸だと勝手に手を加えられないし、そもそも自分でやるのは難しそう・・・、そうお考えの方も多いでのは?

そんな方にオススメしたいのが、はがせる壁紙用粉のり「スーパーフレスコイージー」です。

フッ素加工がしてあるもの、凹凸の大きいクロスの場合はうまく貼れない場合があるので、サンプルのりで事前に試しましょう
フッ素加工がしてあるもの、凹凸の大きいクロスの場合はうまく貼れない場合があるので、サンプルのりで事前に試しましょう

これを使えば既存のビニール壁紙の上から貼れて、簡単に剥がせるから気軽にアクセントウォールを楽しむことができるんです!

スーパーフレスコイージーとは

英国の壁紙ブランドGraham&Brownが開発したのりで、壁紙屋本舗をはじめとするネットショップで購入可能です。

通常ののりに比べて粘着力は劣りますが、その分とっても貼りやすいので、我が家はずっとこののりを愛用しています。

一応、フリース(不織布)製輸入壁紙専用粉のりとうたっていますが、紙製の壁紙でも使用は可能。

ん?フリース製?紙製?と思われた方もいると思うので、まずは簡単に壁紙の種類について簡単にご説明しますね。

壁紙の種類

ざっくりですが壁紙は

・国産壁紙→ビニールクロスが主流

・輸入壁紙→フリース製と紙製

に分かれます。

ビニールクロスは難易度が高いため、初心者がDIYで貼る場合にはフリースと紙の二択になりますが、その中でも、さらに簡単に貼れるのがフリース壁紙です。

フリース壁紙の特徴はなんと言っても、丈夫で破れにくいこと!

紙製の壁紙だと「貼ってる最中に破れた(涙)」というあるあるが、フリースの場合はまずありません。

またフリース製は幅が50cmくらいのものが多いので、とても貼りやすいのも特徴。

なので初めて壁紙を貼るなら、オススメは断然「フリース壁紙」です。

ただお値段がはるものが多い、デザインが限られる、というデメリットも。

壁紙を貼ってみたい!と思ったら、まずはいろんな壁紙を見て、メリットデメリットを踏まえた上で、本当に気に入ったデザインのものを選びましょう。

本当にきれいに剥がせる?

さてフレスコイージーに話を戻します。

やはり皆さんがいちばん気になるのは「本当にきれいに剥がせるの?」という点ですよね。

まず結論から言うと、うちの場合はきれいに剥がすことができました!

まず貼って3年以上経過したフリース壁紙。

手でめくるだけで簡単にきれいに剥がせてびっくり!

そのまま綺麗に剥がせたので、なんと別のスペースに貼り替えまでできちゃいました。

一方、こちらは5年近く貼っていた紙製の壁紙を剥がしたときの様子。

やはりフリースのように一度にきれいに剥がすことはできず・・・。

でも残ってしまった裏紙は水で湿らせることで簡単に取り除くことができました!

最後に壁を水拭きして、残ったのりをふき取れば原状回復完了。

これなら賃貸のおうちでも安心して使えますね♪

貼ってみよう

さて最後にフレスコイージーを使った壁紙の貼り方をご紹介します。

初めて壁紙を貼る場合には施工道具がセットになった初心者セットがおすすめ
初めて壁紙を貼る場合には施工道具がセットになった初心者セットがおすすめ

今回、私が貼ったのは、ウイリアムモリスのブラックトーンという壁紙。

ダスキンのCMで使われている壁紙なので、目にしたことがある方もいらっしゃるのでは?

私もCMを見て一目惚れしたのですが、イギリス製の輸入壁紙なのでお値段お高め・・・(涙)

広域に貼ることは難しかったため、小さい壁一面にだけ貼ってみることにしました。

ちなみに柄物を貼るときは柄合わせが必要になります。

特にこのような柄が大きい壁紙の場合は、柄合わせにより、どうしてもロスしてしまう部分が出てしまうので壁紙はそれを計算に入れて長めに用意しましょう。

STEP1 のりを作る

必要な分量をぬるま湯と混ぜるだけですが、作ってから1時間以上おいてから使用します。

余裕があるときは前日から作っておくとよく馴染みます。

STEP2 壁紙をカットする

柄を確認して天井の高さよりプラス10cm長くカットしておきます

2枚目以降は1枚目の柄に合わせてカットします

STEP3 のりを壁紙の裏面に塗る

紙製なので裏面に塗りましたが、フリース壁紙の場合は壁に塗ります
紙製なので裏面に塗りましたが、フリース壁紙の場合は壁に塗ります

のりが床につかないようにビニールなどで養生して、ローラーでたっぷりのりを塗ります

のり面を合わせて3~5分馴染ませる時間(オープンタイム)をとります

STEP4 壁に貼る

上下5cm程度余るように壁紙を貼ります

なでハケで壁裏の空気を抜きます

STEP5 余分な部分をカットする

上下の角の折り目をしっかりつけて、地ベラを押し当てながらカッターでカットします

周りについたのりはスポンジなどできれいにふき取りましょう

2枚目以降はつなぎ目をジョイントローラーで圧縮して、この作業を繰り返して完成!

小さい壁が変わっただけですが、空間全体の雰囲気が驚くほど変わりました!

ちょっと個性的な壁紙も飽きたら剥がせる、と思うと気軽にチャレンジできそうですね。

まとめ

大きくお部屋の印象を変えることができる壁。

家具の配置を変えるように、壁も自分で気軽に模様替えできたら毎日のおうち時間は今よりもっと楽しくなるはず。

はがせるのりは今回ご紹介した「スーパーフレスコイージー」以外にも販売されているので、ご興味ある方は「壁紙 はがせるのり」でぜひ検索してみて下さいね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

******************************

InstagramでもDIYやインテリアの情報を発信中

Instagramはこちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想