How to

クローゼットの収納やデッドスペースの有効活用に!ダボレール(ダボ柱)で棚をDIY

asasa0509

インテリアスタイリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、asasaです。

今回はダボレールを使ってクローゼットやデッドスペースに棚を取り付ける方法をご紹介します!

【材料】
・ダボレール(棚受けレール)4本
ノナカ金物店 ステンレス棚受けレール(ダボレール・ダボ柱)ホワイト塗装 SP_1820WT 使用
※棚の横幅が長い場合や奥行きがある場合は本数を追加すると安心です

・爪(棚1枚設置するにあたり4個使用)
ノナカ金物店 ダボレール用ステンレス棚受け爪 SPB_20型 ホワイト塗装 使用

・ネジ
※ダボレールに付属していますが、石こうボードに取り付ける場合には専用パーツ(石膏ボード用棚柱固定パーツ SP_SK)を使用

・必要サイズにカットした板
(BRIWAX ジャコビアンで塗装)

【道具】
プラスドライバーもしくは電動ドリル
定規・メジャー 鉛筆 マスキングテープ(水平器)(ハンマー)

【設置方法】
①ダボレールを設置したい場所に当てがい、鉛筆で印をつけます
ちゃんと垂直になっているか、隣のダボレールと平行になっているか定規やメジャーでしっかり計測します

②マスキングテープなどでダボレールを仮止めします
※石膏ボードに取り付ける場合はこのタイミングで専用パーツをレールに接着しておきます

③プラスドライバーか電動ドライバーでダボレールを上の部分からネジ止めしていきます
このとき可能であれば、何か所か仮止めした段階で一度棚を置いて水平になっているか確認すると安心です。
※石こうボードの場合はピンでの固定になります。ピンはハンマーなど固いものを押し当てて打ち込みます。

④棚受け爪を差し込んであとは棚板を載せれば完成です!

このダボレールを使うメリットはやはり棚の位置を必要に応じて変えられる点。
また棚の枚数も簡単に調整できます。

今回、我が家では玄関の靴箱と壁の間に設置しましが、今までデッドスペースだったところが天井まで物が置けるようになって収納スペースがぐっと広がりました。

見た目もスッキリしているので、インテリアも選ばずに使えるのもオススメポイント!

一方で板は爪にのせているだけの状態なので地震が少し不安かもしれません。
私は、板と爪の間に耐震ジェルをつけたり、上に重いものをのせないなどで対策してみようと思います。

おうちで過ごす時間が長い今、普段は見て見ぬふりをしている収納の悩みにとことん向き合ってみるのもいいかもしれませんね。

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!
-----------------------------------------------------
インテリアスタイリスト asasa0509
https://creators.yahoo.co.jp/asasa

おうちの簡単DIYや100均リメイクを始めとする動画をYahoo!クリエイターズプログラムで発信しています。
フォローやいいね、応援メッセージなどとても励みになります。
少しでも皆さまの参考になる動画を発信できればと思ってますので、また次回も見てもらえたら嬉しいです。

…続きを読む