How to

石膏ボードでもあきらめない!DIYで壁掛けテレビを楽しもう

asasa0509

インテリアスタイリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

人気の壁掛けテレビ。
うちもずーっと憧れていたのですが、悲しいかな、うちの壁(石膏ボード)には補強材が入っていない(泣)

ラブリコなどを使って設置する方法も考えましたが、ちょうどテレビの上にある排気口やエコカラットのついた壁をふさぐのは避けたい。

とは言え、業者さんにお願いするとけっこうお値段もしそうだし、さてどうしよう・・・

悩んだ末、うちではこんな方法でテレビを壁掛けにしてみました。

【やり方】

1 テレビの規格にあった壁掛け金具を用意します

2 テレビをつけたい位置を決めてマスキングテープで印をつけます

3 柱の位置を確認します

ポイント
下地探しは下地センサーや下地どこ太の使用が便利です
参考動画  
地震対策に!重たいものの取り付けに! 石膏ボードの下地探しのお役立ちアイテムをご紹介
https://creators.yahoo.co.jp/asasa/0300088942

4 柱と柱の距離、金具のサイズ、テレビのサイズをふまえて、補強板を用意します

ポイント
・補強板は厚みがあって(最低12mm~ 厚ければ厚いほど安心です)強度のある「構造用合板」を使います
・ホームセンターでカットしてもらうと楽チンです
・テレビを前に出したり、角度をつけて使用する場合や、大きめの板の場合は補強板が見えてしまう可能性があるので、壁と同じ壁紙を貼ったりペンキを塗っておくのがオススメです。

5 補強材を下地のある場所にネジで固定します。

ポイント
落下すると危険なので、ここから先の作業は必ず二人以上で行いましょう
ネジは長く強度のあるものを使いましょう

6 補強材の上に壁掛け金具を取り付けます

ポイント
水平器を使って水平であることを確認しながら取り付け位置に印をつけます。
太いネジで固定するため、下穴をしっかり開けないとネジが入りません。
またパワーのある電動ドリルでないとなかなかネジが入らない可能性があります。
自宅にない場合はレンタルも検討しましょう。

7 テレビ後ろにも金具を取り付けてテレビを引っかけて設置完了です

ポイント
こちらも作業は必ず二人がかりで、また下に毛布などをしいて行いましょう。

8 配線を整えて完成!

【作業について】
下地の位置さえわかれば、板と金具を固定するだけなので簡単!
と言いたいところですが、取り付ける板、金具、テレビ、すべてが重量があるため、使うネジが太かったり長さがあったりでまあまあ大変でした(汗)
あと金具をどこに取り付ければ、希望通りの場所にテレビをつけられるのかの判断が素人には難しかったです。
ただ作業自体は難しいことはないので、二人以上で作業ができて、工具が自宅にあるという場合はDIYもありかと思います!

【仕上がりに関して】
うちではテレビをぴったり後ろにつけてしか使用しないので、補強板の存在はあまり気になりません。
ただ角度をつけて使用する場合などは目についてしまう可能性があります。
業者さんにお願いした場合は、配線も含めて、やはり仕上がりが全然違うと思うので、DIYで行うか、業者さんにお願いするのか、じっくり検討した上でトライしてくださいね。

あとうちのテレビは残念ながら規格外だったのですが、ホチキスの針で石膏ボードにテレビを設置できる壁掛け金具も販売されています。
規格が合う場合はそちらを検討してみてもいいかも。

ちなみに今回設置にかかった費用は以下の通りです

・壁掛け金具 10,340円
必ず自宅のテレビに対応しているか確認の上、購入しましょう
・補強板 約700円
・補強板固定ビス 1100円
・ケーブルカバー 350円
Total 約12500円

業者さんにお願いすることを考えるとかなり安く済みました!

ただ電動ドライバーや下地センサーの有無によっても値段は変わります。
参考までに使った道具は以下の通りです。

・電動ドライバー
・下地センサー&下地さがしどこ太
・水平器
・鉛筆 ・メジャー ・プラスドライバー ・マスキングテープ ・カッター(ケーブルカバーカット用)

テレビの壁掛けを検討している方の少しでも参考になれば幸いです。
今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

-----------------------------------------------------
インテリアスタイリスト asasa0509
https://creators.yahoo.co.jp/asasa

おうちの簡単DIYや100均リメイクを始めとする動画をYahoo!クリエイターズプログラムで発信しています。
フォローやいいね、応援メッセージなどとても励みになります。
少しでも皆さまの参考になる動画を発信できればと思ってますので、また次回も見てもらえたら嬉しいです。

…続きを読む