タイトル画像

【武蔵小杉・メガネのオーサカ】曇り止めレンズでマスクでも快適 有名ブランドのトランクショーも

Ash

俳優・吟遊詩人(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさま、メガネは使いますか?

私は実は、右目が0.04という強度のドキンちゃんの上、若くして?緑内障を発症していたりして、目の悩みと共存しながら生きています。なので、自分の目のことをきちんと相談しながらメガネを作れるお店があればいいなあ、とかねてから思っていました。

ですが、この街に住むようになり一気にその悩みは解消されたのです。なぜなら、武蔵小杉には「メガネのオーサカ」があるからです。

サードアベニューに入るメガネのオーサカ

さて、私が絶大な信頼を寄せるメガネ屋さん「メガネのオーサカ」はサードアベニューの1Fに入っているので、普段武蔵小杉を通る方なら見たことがあると思います。

こちらはサードアベニューにお店が移転した時の記事です。

コミュニティラジオ「こすぎスイッチオン」のメンバーがお祝いに駆けつけていました。

「ふらっと武蔵小杉」や「こすぎの大学」も手がけるオーサカさん

メガネのオーサカの店主である大坂亮志さんは、Facebookグループの「ふらっと武蔵小杉」や「こすぎの大学」の代表も務めている、いわば地元の名士です。

私も出会ったのはこちらが先で、友達になった後で本業の眼鏡屋さんに行ってみたらすごくよかった、というような流れです。

地域のこと、この街のことをとてもよく知っているので、私も地元のことでわからないことがあるとすぐにお店に駆けこんじゃいます。駆け込み寺ならぬ、駆け込み眼鏡店。

子ども同士が同い年なこともあり、懇意にさせてもらっていますが、とにかく話が面白く、ビジネスセンスに長けた方なので、ジャンル違いの私としては勉強させていただくことが多いです。

子どもの眼鏡デビューはぜひこちらで

初めて子どものメガネをつくるのは、ちょっと気を遣いますよね。

そんな方は是非、オーサカさんにまず相談してみてください。

オーサカさんのところのメガネは一言で言うと、お洒落で高品質。フレームの種類も豊富で、きっとお子様も気にいるものがあると思います。

検眼もお店でしっかりとやってくれます。

私が子どもの頃にこんなメガネ屋さんが近くにあったらなあと思いました。アラレちゃんみたいな眼鏡かけてたもの(いや、アラレちゃん好きでしたけどね…遠い目…w)

大人気のemodokと、Bc-Pcが一緒にこれだけ選べるのは、ここだけかも
大人気のemodokと、Bc-Pcが一緒にこれだけ選べるのは、ここだけかも

さらに、弱視や斜視を治療する子どもの眼鏡に関しては国から補助が出ることもあるって知ってましたか?

「小学校低学年以下のお子様の度数合わせは眼科受診していただき処方箋を発行してもらうことをお勧めします
「小学校低学年以下のお子様の度数合わせは眼科受診していただき処方箋を発行してもらうことをお勧めします

オーサカさんは「弱視認定は眼科医しかできませんので、気になる方は眼科を受診してください」とおっしゃっていました。その上で、もしも適用ということになれば、自己負担は1万円くらいで済んでしまいます。

こちらは知っておいて損はない情報ですので、お伝えしました。

遠近両用眼鏡デビューも

子供ばかりではなく、大人にも優しいメガネのオーサカ。

私はこちらで遠近両用デビューしましたよ!(緑内障といい、どうも私の右目は他の人の倍の速さで歳をとっていくらしいのです 汗)

といわけで、昨年オーサカさんで作った遠近両用がこちら(中央)↓

メガネのオーサカ、先代の奥様(右)も当代の奥様(左)も、ほんとメガネ美人で羨ましいです!
メガネのオーサカ、先代の奥様(右)も当代の奥様(左)も、ほんとメガネ美人で羨ましいです!

女性に人気の「ANNE ET VALENTIN(アンバレンタイン)」というブランドのフレームです。先代の奥様も使用されてますね。

遠近両用って視界が歪むとかいろいろ言われてて、作る前はちょっと怖かったんですが、なんのことはない、すごく便利ですわ!

もっと早く作ればよかったなあ(笑)

オーサカさんも「老眼に関しては、見栄をはらずに早めの対処が一番」とおっしゃっていました。心当たりのある方は早めに行きましょう♪(見栄を張ってるわけじゃないけど、老眼っていう言葉が嫌なのよね…ぶつぶつw。なんかいい言い方はないものでしょうか?)

曇り止めレンズもいい感じです

オーサカさんは「ふらっと武蔵小杉」の運営もされていると書きましたが、そちらで先日「くもらないレンズ」のことがあがっていました!

こちらです。

大坂さんいわく、

こちらはメンテナンスをしなくてもレンズがくもらないという画期的な商品となります。息を吹きかけても全くくもりません。これはすごいです。ただ、このレンズはデメリットもございます。
1. くもり止め効果は2年程度
2. 少し白く反射する
3. ライトなどをみたときに光の反射が増幅される
4. キズ防止コートがつけられないので傷つきやすい
サンプルレンズがございますので、メリット・デメリットを吟味された上でお選び頂ければと思います。
通常のレンズにオプション費用4400円の加算でお付けすることができます。
なお、今すでにお使いのメガネレンズにこの機能を後から付加することはできません。

ということでした。

これは、眼鏡女子としては気になる!!!

というわけで、作ってきました。

トラクションのフレームは持ち込みで、レンズのみ入れてもらいました。ほんとうに息をふきかけてもまったく曇らない!
トラクションのフレームは持ち込みで、レンズのみ入れてもらいました。ほんとうに息をふきかけてもまったく曇らない!

どうでしょう?

たしかに、ちょっとテカテカしてますが、個性の強いフレームと合わせるとかえっていい感じかも。マスクをかけてもまったく曇らないのは、ほんとうに快適です。

くもり止めコートの効果は2年ということでしたが、それまでにマスク生活が終わるとふんで…。果たしてどうかな?希望ですね。

今週末からトランクショーも

12日(土)〜20日(日)までは、YELLOW PLUSというブランドのトランクショーを行うそうです。

YELLOW PLUSは日本産のフレームで、

“上質の様式美”

をコンセプトにアイウェアを創出しているブランド。

日本の眼鏡を作り出す一大産地といえば福井県ですが、そちらの熟練職人の手でデザイナーの思い描くイメージをディーテイルまで詳細に形にしているのだそう。

海外の有名人・著名人にも愛用者が多いというこのブランドの商品を、一度に見ることができるチャンスが、今回のトランクショーです。

大坂さんも「1ブランドで150本以上のフレームが並ぶと圧巻Yellows Plus の世界観を一堂に見ていただけるチャンスなので、ぜひ足を運んで」と呼びかけます。

トランクショーの準備が整う店内
トランクショーの準備が整う店内

メガネを試着してる時って、なんだか別の自分に出会えるような感覚でワクワクしませんか?

わたしはどんなファッションウェアを選ぶときよりも、メガネを選ぶ時間が好きです。メガネが好きすぎて、結婚式の時に指輪交換じゃなくてメガネ交換をしたくらい。(この話はまた別の時に…話す機会、あるのか?w)

オーサカさんに並ぶ眼鏡はどれをとっても、ちょっとだけ自分自身を背伸びさせてくれるような凛とした美しさがあります。かけてみるだけで、明日からの世界が少し変わってくるかも知れません。ぜひ、この機会に足を運んでみてくださいね!

メガネのオーサカ
住所:川崎市中原区小杉町3-600 サードアヴェニュー1F
電話番号:044-722-4262
営業時間:10時〜19時
公式HP:https://megane-osaka.jp

シェア

いいね

コンテンツへの感想