タイトル画像

【川崎市中原区・キタコス】カフェでハンガリー料理?日本人の口に合う牛肉スープとピザに似たスナック

Ash

俳優・吟遊詩人(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いよいよ7月も最終日!

3月から書いてきたこのクリエイターズアーティクルも、5ヶ月が経ちました。始まったばかりのメディアなので、走りながら調整しているところもあり、たまに一生懸命書いた記事がお蔵入りの憂き目を見ることもありますが、それも勉強! 試行錯誤を重ねながら、みなさまに街の面白い情報をお届けできればと思います。

みなさまのフォローやご感想が力になっているので、今後もいろいろご指導ご鞭撻くださいね!

3つめの記事で扱ったKITACOS(キタコス)

さて、以前にオープンで扱ったお店なども、いろいろと変化があります。武蔵小杉の「KITACOS」さんは私の3つめの記事で扱わせていただいたのですが、いまや小杉の人気店。いつも子供たちのにぎやかな笑顔が溢れる素敵なお店になっています。

こども110番にも登録してくれました

こちらは、お店のインスタグラムから

こども110番ってご存知ですか?

道で誰かに追いかけられたり、怖い思いをしたりした子どもが、このステッカーを目印に逃げ込んできていいよ、という仕組みです。キタコスさんのエリアは、ちょうど110番に登録してくれるお店が少ないところだったので、子どもをもつ親としては、とてもありがたいですね!

新シェフは、ハンガリー料理が得意!?

もうひとつ、特筆すべきは新しいシェフが就任されたこと。

ハンガリー料理のグヤーシュがランチメニューに!

先日、ランチに行ったらなんとハンガリー料理の「グヤーシュ」がランチメニューに入っていました。私は中欧の国々はそれほど訪れていないんですが、かつて滞在したスロバキアではよくじゃがいもの入った牛肉のスープを食べていました。とっても懐かしい味!

ハンガリーの牛肉スープ「グヤーシュ」
ハンガリーの牛肉スープ「グヤーシュ」

ランゴーシュは日本人好みの味にアレンジ

ランゴーシュは、ハンガリーのファストフード

ジャガイモと小麦粉を混ぜた生地を、油で揚げてチーズをかけ、屋台などで販売しています。それだと日本人には少し脂っぽくてくどいのですが、キタコスのランゴーシュは日本人向けにアレンジしてあり、とっても食べやすい!

キタコスカレーにはナンのようにランゴーシュが!
キタコスカレーにはナンのようにランゴーシュが!

チーズも火を通して溶かしてあって、さっぱりとピザのように食べられます。

ランチではカレーとセットでも食べられますよ!!

こちらが、新シェフの富永さん

こちらが、1ヶ月ほど前からキタコスのシェフを務めている富永和夫さんです。

表参道にあったハンガリー料理のお店で8年、その前はフレンチなどの経験もおありだとか。

「前のハンガリー料理のお店も、ふとしたご縁で入ってとても楽しく作らせていただいていました。今までの経験を生かして、新しくご縁のあったキタコスでも、お客様に驚いてもらったり、喜んでもらったりできるような料理を提供したいです」と笑顔を見せてくれました。

近所のカフェで本格的なハンガリー料理に出会えるなんて、それこそすごい驚きでした!

山﨑店長の笑顔はいつもながらですし、富田シェフのにこやかな笑顔にも癒されました。

お近くの方、ぜひご近所での中欧体験、楽しんでくださいね♪

KITACOS(キタコス)
住所:神奈川県川崎市中原区小杉町2-226-4
電話番号:044-712-5995
営業時間:9:00〜20:00(土日は10時〜)
公式HP:https://kitacos.com
アクセス:JR・東急東横線武蔵小杉駅より徒歩5分

シェア

いいね

コンテンツへの感想