タイトル画像

グランツリー武蔵小杉に無印良品が帰ってきた! ポップアップを経て、防災に注力しつつ、地域密着の店作り

Ash

俳優・吟遊詩人(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

さて、すっかり街は秋の様相ですね。

ようやく、9月1日にオープンしたグランツリー武蔵小杉の無印良品さんについて、ご紹介ができそうです!

神奈川で2番目の広さを持つ無印良品

グランツリーのアクアドロップ正面の入り口から入り、エスカレーターで3階に上がると、どーん!と目に入ってくるのはこちら、大きな無印良品です。

フロアがとにかく広い
フロアがとにかく広い

あれなんか既視感ある? と思うのは当然で、ちょっと前まではこちらで無印さんのポップアップをやっていました。

その数倍もの広さで今回、正式にグランツリー武蔵小杉店がオープンしました。

副店長の井野さん

出迎えてくれたのは副店長の井野さん。ポップアップでは店長をされていたということで、武蔵小杉とはお馴染みになりましたね。

無印良品武蔵小杉店、副店長の井野さん
無印良品武蔵小杉店、副店長の井野さん

「武蔵小杉店の特徴としては、神奈川県の旗艦店となった港南台バーズ店に次ぐフロアの広さ、アパレルの充実です」とおっしゃっていました。

「地域のみなさんに必要とされて、愛されるお店にしたいです」とも。

そんな無印さん側の地域密着の取り組みへの思いが、オープン前からじわじわと地域のキーパーソンたちから漏れ聞こえていて、私もお話を聞けるのを楽しみにしていました。

MUJI BOOKS

MUJICAFEが欲しい、という声も多かったですが、MUJI BOOKSがあって嬉しい。

コーヒー(100円)を飲みながら、無印セレクトの含蓄のある本を読むのは、ほっとできるひとときですね。

家具とインテリア

つづいて、家具とインテリアのコーナーへ。こちらも広い!

あ、人をダメにするソファがありました♪(正式名称は「体にフィットするソファ」)。

「フロアが広いので、家具もゆったりと配置できて、じっくり見ていただけます」と井野さん。

のんびりとくつろぎたくなってしまいますね
のんびりとくつろぎたくなってしまいますね

あ、こんなところに知っている人が!

防災グッズも充実している

なんと、無印の店内に飾ってあるディスプレイに、コミュニティFM「こすぎスイッチオン」のDJ-KEIKOさんが映っていました。

流れている映像は、先日中原区役所で撮影していた避難訓練のムービーですね!

まさか、無印良品さんでこれが見られるなんて!

防災グッズを特集するコーナーが設けられている
防災グッズを特集するコーナーが設けられている

こういうのを見ると、ここは銀座店ではなく、武蔵小杉店なのだという実感がわきますw

「こすぎの大学」オカポンも登場

無印さんのブログにこすぎの大学の岡本さんがでていました。こすぎの大学については、以前クリエイターズでもご紹介したのでこちら(https://creators.yahoo.co.jp/ash/0100098896)もご参照くださいね。

フードドライブ

さて、私的に今回結構注目したのはこちらの「フードドライブ」

ご存知の方は多いと思いますが、日本国内の食品ロスは、年間612万トンと言われています。特に家庭から出るロスが多いということで、近年これを削減する取り組みとして注目されているのがフードドライブです。

要は、家で使いきれないお米やお菓子、缶詰や乾物などの食品を回収して、必要なところに配布してくれるという活動です。

今までも、有明や横浜などの無印さんでも実施されてきましたが、地元のフードバンクとの連携が欠かせない活動になりますので、地域密着のお店でないとなかなかうまく運営できないと思われます。

無印の一角に設置されたフードドライブ用のコンテナ
無印の一角に設置されたフードドライブ用のコンテナ

おうちに余っている食材がある人は、グランツリーへのお買い物に行くついでにエコバッグにちょっと入れていき、無印さんに立ち寄って預けましょう。

預けられるもの
お米、麺類、小麦粉、保存食品(缶詰、瓶詰め)、乾物(のり、豆)調味料類、食用油、インスタント食品、レトルト食品
回収条件
未開封であること、賞味期限が明記され、1ヶ月以上残っているもの、常温保存が可能なもの

今まで、ちょっと自分の家では使わないかな、という食材を後ろめたい思いで処分していたこともあるのではないでしょうか。こうやって、行きやすいお店にわかりやすく設置してくれていると、垣根なく寄贈することができて、すごくいいですね!

私の場合、賞味期限切れでうっかり処分の憂き目をみることもあるので(涙)、これからはしっかり在庫を確認して備蓄をあまり増やさないようにしないと、と思いました。近くにこういうシステムがあるというだけで、意識改革にもつながるのですね。

(と、いうわけで今夜はこれをおかずに食べよう♪)

これは春に銀座の無印で購入したもの
これは春に銀座の無印で購入したもの

最後の方は、防災意識とSDGs推進の目線で、新しい無印良品さんをご紹介してみました。個々のグッズ、品揃えについてはなかなか豊富なので、ぜひみなさんご自分の目で楽しく、確かめてみてくださいね!

無印良品 グランツリー武蔵小杉店
住所:川崎市中原区新丸子東3-1135-1 グランツリー武蔵小杉3F
電話番号:044-430-1205
営業時間:10時〜20時
公式HP:https://www.muji.com/jp/ja/shop/detail/046642
アクセス:JR、東急東横線武蔵小杉駅から徒歩4分

シェア

いいね

コンテンツへの感想