タイトル画像

武蔵小杉の「Funk Spice」は5周年 カレーフェス参加のジャークチキンカレーは学生にも大人気♪

Ash

俳優・吟遊詩人(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

さて、カレーフェスのスタンプラリーもそろそろ折り返しですね。

私は引き続き、楽しんでスタンプを集めています♪

今日は、カレーフェス参加店の中からちょっと特別な思い入れのあるこちらのお店を紹介します。

Funk Spice(ファンクスパイス)

府中街道と中原区役所の間に挟まれるように佇んでいるこちらのお店です。

この一角にオシャレな雰囲気を醸し出すFunk Spice
この一角にオシャレな雰囲気を醸し出すFunk Spice

南の方(東急の駅の方)から来ると、この看板が目印になります。

府中街道、小杉御殿町の交差点の手前にある
府中街道、小杉御殿町の交差点の手前にある

今年で5周年

実は、こちらのお店がオープンした時、リリースしたばかりの川崎経済新聞の記者として、取材にお伺いしました!

そのときの記事はこちら。なんと5つめのエントリです。懐かしい…

まだお店の装飾も簡素ですし、カワケイの記事もずいぶん文章がカタイですねw

まあ、そんなわけで、Funk Spiceさんが周年になるたびに「川崎経済新聞も○周年だなあ」と勝手に親近感を覚えています。

料理は、お酒と音楽に合わせて

こちらのお店は、とにかくお酒と音楽に合うオシャレで美味しいおつまみがたくさん。

カレーフェス目当てですが、スタンプゲットはカレー+ワンドリンクが必須です。

こちらのお酒はおいしいし、久しぶりに料理の一端も味わいたいので、せっかくなのでお通しも一緒に頼みました。(カレーフェスラリーのお客さんは、お通しはありかなしかを選べるようです)

お通し3点セットはめっちゃおいしくて、頼んで良かった♪
お通し3点セットはめっちゃおいしくて、頼んで良かった♪

こちらが、お通しのおつまみ三点セット。

ニンニクの醤油ピクルスが盛り盛りの冷奴、スパニッシュ風オムレツ、ナスと豚肉の炒め物、という感じでしたが、どれもお酒にめっちゃ合って美味しい!

「ジャークチキンカレー」登場

カレーフェス参加のジャークチキンカレーは、若年層から圧倒的な支持を集めます。フェスの発起人であるコスギカレーのバイトの学生さんたちにも大人気なんだとか。

ジャークチキンカレー(ハーフ=1,000円)
ジャークチキンカレー(ハーフ=1,000円)

自家製サルサソースと、タルタルソースがたっぷりかかったジャークチキンは、それだけでボリュームたっぷりなお酒のおつまみになります。それが、カレーの上にどかんと乗っています。

カレー自体にもしっかり煮込まれたチキンが入っていますね。

私はちょっと時間がタイトだったのでハーフでいただきましたが、フルサイズでも1,200円とお値打ち。誰かと一緒ならフルで注文することをお勧めします。しっかり辛くて、後を引くスパイスの妙味。めっちゃ美味しかった!

店主の池田さん

店主の池田さんは宮内出身の地元の方です。音楽とサッカーが好きで、こちらのお店もいつも音楽ファンやサッカーファンで賑わっていますね。

この5年、特にコロナ禍もあり、いろいろ大変だったと思いますが、こうしてまたFunkSpiceの店内で美味しいお酒が飲めて、本当に嬉しいです。

お忙しい中ピースで応じていただき、ありがとうございました!
お忙しい中ピースで応じていただき、ありがとうございました!

5周年、本当におめでとうございます!

これからも、音楽とスポーツと、美味しいお料理で地元を盛り上げてくださいね!

Funk Spice (ファンクスパイス)
住所:川崎市中原区小杉町3-26
電話番号:044-712-8400
営業時間:19時〜翌2時
定休日:日曜日
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/funk_spice_k/
アクセス:武蔵小杉駅より徒歩5分

シェア

いいね

コンテンツへの感想