専門マスター

究極のキャンピングカー!こだわり尽くした機能!ヴァレンシア520

AT

キャンピングカー研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンターベースのキャンピングカーと言う事

現在市場で販売されているこのクラスのキャブコンバージョン・キャンピングカーの多くは、トヨタのカムロードがほとんどと言うのが現状なのですが(いすゞのビーカムと言う車も一応あります)、そんな中でマックレーさんがあえての三菱FUSOのキャンターでキャンピングカーを作る意味とは?なんなのでしょう?

ま、どこのビルダーさんも前述の通りカムロードばかりなので、代り映えがしないという声があったという事もあるのですが、一番の理由は制動性能と言いますか、車体本体の性能が関係していて、このキャンターには、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置さらに車両安定性制御装置、環境技術として、BlueTecテクノロジーやアイドリングストップ 、そして、トラックに乗られた方にしか解らないかもしれませんが、多くのトラックのシフトチェンジは実はあまりスムーズではなく(慣れの問題ではありますが)、ストレスを感じる方も実際は多く、そこはこのキャンター DUONIC2.0 という、先進のトランスミッションを積んでおり、スムーズにギアチェンジ出来て、ストレスなく運転できるなど、先進の機能が多数搭載されていると言う事もあり、このヴァレンシアのベースに選んだという事なのです。

また、キャンピングカーのベースになる車は通常、運転席部分がチルトしない車である事が最前提なんですが、それをチルトさせないでメンテナンスを可能にするなどして、見えないところに多くの工夫がされているのです。

と言う事で、中の機能などは今回の動画で見て頂いた通りなのですが、お伝えしたい事がまだまだあって今回だけでは伝えきれないと言う事で!次回もこのヴァレンシア520について語ろうと思います。
特に電装機能がすごい!という所をお知らせしようと思いますので、お楽しみに!

<基本スペック>
ベース車:三菱FUSO キャンター (1.5t車/2t車)
エンジン:3000ccディーゼルターボ
乗車・就寝:定員6名・6名
トランスミッション:6速DUONIC[5速マニュアル]
駆動方式:2WD/4WD ・LSD
リアタイヤ:Wタイヤ
全長:5,150mm
全幅:2,080mm サイドオーニングを含みません
全高:2,900mm
ホイールベース:2,500mm
燃料・容量:軽油・ 燃料タンク 70 L

<車体装備>
運転席・アームレスト付き
助手席シートは前後スライドとリクライニング機能付
衝突被害軽減ブレーキ
車線逸脱警報装置
車両安定性制御装置
BlueTecテクノロジー
アイドリングストップ
イモビライザー
FUSO-RISE(衝突安全ボディー)

<キャンパー装備>
キャンパー部装備Vスペック仕様
(走行時、アイドリング中の発電力で家庭用エアコンや床暖房などの家電製品が使用できるシステム )
床暖房
間接照明
前向きFASPシート
家庭用エアコン
カセットガス式の湯沸し器
トイレ&シャワー室、シンク&窓を装備
90L冷蔵庫(上部に配置)
IH電磁プレート
電子レンジ
1口コンロ&ステンレス製シンク
70L清水タンク
2.8KW発電機

…続きを読む