専門マスター

ライトキャブコンのパイオニア!AMITY(アミティ)はやっぱり凄かった!

AT

キャンピングカー研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

<取材協力>
株式会社 AtoZ
http://www.atozcamp.com/amity/(←詳しい仕様、値段などはこちらをご覧ください)

現在も多くのキャンピングカービルダーがこのマツダのボンゴトラックベースでキャンピングカーを作っています。
それはなぜかと言いますと、マツダのボンゴトラックにはキャンピングカー専用グレードが設定して有るからなんです。

他の多くの自動車メーカーもキャンピングカー用に車を供給していますが、ほとんどが荷台を外しただけとか、バンの中身を抜いただけと言ったもので、車のシャーシ自体はキャンピングカー用に考えらている訳ではないというものが普通なのですが、このボンゴトラックはAtoZさんとマツダの担当者の方が、お互い妥協せずにキャンピングカー専用に仕様を変更して作り出した車で、まさにシャーシからキャンピングカー用に作られているという事なんです。

そもそも自動車メーカーを動かすというのは、本当に大変な事なんですけど「キャンピングカーをもっと気軽に、シンプルでしかもリーズナブルに!」というAtoZさんの熱い思いがマツダさん届いたからこそ生まれたものだと思います。

と言う事で、現在ボンゴトラックをベースとしたライトキャブコンが多く走っているのは、AtoZさんのおかげと言っても過言ではないのです。

また動画中300万円台と言ってますが、消費税を入れると実は400万円台になってしまいます。けっこうギリギリ300万円台なんですが(^^; それでも300万円台に拘って値付けをするのには、多くのキャンピングカーに憧れる方に「あ、買えるかも⁉」という気持ちを持っていただいて、一台でも多く世の中にキャンピングカーを広めたいというスピリットがそうさせているのだと思います。

しかしながら、装備もどんどん進化したりお客様の要望も増えて行く中、品質を落とさずに金額をキープするのは至難の業だと思いますし、経営的考えからも単価を上げて行く事が常識となっている昨今において、利益率を下げてでもキャンピングカーの普及に力を注ぎ続けるAtoZさんのスピリットの詰まった車がこのAMITYではないでしょうか?

AtoZさんは当初から「キャンピングカーのカローラを作る」という事を言ってらっしゃったと聞いておりますが、カローラのコストパフォーマンスはホント凄いと思うし、シンプルで無駄がなく、故障も少なくよく走る!そしてリーズナブル!
まさにAMITYをして、言えて妙な表現だと僕もおもいました。

<仕様>
ベース車マツダ ボンゴトラック
乗車・就寝人数:6・6人(タイプにより異なります)
燃料:ガソリン
排気量:1,798cc
駆動方式:2WD( FR ) ・4WD
最高出力:75kW<102PS>/5,300rpm
最高トルク:147N・m<15.0kgf・m/4,000rpm
最小回転半径:2WD→4.3m ・4WD→ 5.1m
タイヤ:F:185/80R14 97/95N LT R:185/80R14 102/100N LT
オルタネーター:80A
燃料タンク:58L
ホイルベース:2,220mm
シフト:CAT
バッテリー:80D26
全長:4,690mm
全幅:1,950mm
全高:2,770mm(4WD:2,775mm)

<標準装備>
パワーウインドウ
集中ドアロック
リア強化足回り
運転席・助手席エアバック
FRP高断熱ボディ
49ℓ冷蔵庫(12V)
網戸付きウインドウ・ドア
サブバッテリー
走行充電システム
ファン付きルーフベント
ガスコンロ
清・排水タンク
AC外部入力
室内カーテン
床クッションフロア
バックアイカメラ
集中スイッチパネル
サイドバゲッジドア×2
補助ベッドマット
シンクシャワーヘッド
ガラス2重ウインドウ
室内LED照明

…続きを読む