専門マスター

車中泊少年の夢だった、シンプルかつ機能的!シュピーレン

AT

キャンピングカー研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

<取材協力>
株式会社 フロット・モビール
http://flott-m.com/

各地でキャンピングカーショーが開かれ、キャンピングカーの市場が日に日に拡大している昨今、多くのビルダーさんがそれぞれいろいろな特徴を出しながら、新機能の開発や拡充を進めている中で、実際はあまり必要なかったり、十分に機能しないものもあったりするのは実際の所なのですが(ユーザーのニーズにもよります)全く逆の発想で、不必要なものはあえて排除し必要な部分はとことん便利にというシンプルかつ機能的に作られたのが、このシュピーレンではないだろうか?
このシュピーレンを作っておられる、株式会社フロット・モビールの高森社長は、18歳ぐらいの時からキャンピングカーの事しか考えて無かったと言うぐらい、キャンピングカーを研究しそして使用して来たと言う事で、トライアスロンをされているという事もあり、自転車を積んでの競技・練習の遠征やそれを含めた旅行など、いろいろ試した結果、本当に必要な機能と無くてもいい機能と言うのが見えて来たと言う事です。
と言う事で、このシュピーレンはそんな高森社長の少年の頃からの夢を具現化し、かつ機能的に作り上げた車と言えるのではないでしょうか?
8ナンバーに拘らなずに4ナンバーの小型貨物車として作っていこうというお考えも、無駄を排した考えからのものだと僕は思います。
欠点をあえて言うのであれば、ボディーカラーについてこのベース車のライトエースにホワイトとシルバーしかなくやや単調なデザインになるのでは?という問いかけをしたところ、実は、最近日産のNV200でも作り始めているとの事でちゃっかり撮影させていただきました!
NV200だと、けっこうボディーカラーも選べて少し排気量も大きいし、フォルムもスポーティ?(好みの問題ですが(^^;)
天井のベンチレーションファンの取り付けがまだ対応出来てないという所はあるようですが、確実に人気がでるのではないか?と私は思うのでありました。

<スペック>
ベース車:トヨタ ライトエース
乗車・就寝人数:3人~5人(仕様による)・2人
全長:4,045mm
全幅:1,665mm
全高:1,900mm(換気扇装着車1,950mm)
エンジン:ガソリン4気筒 1495cc/97ps
駆動方式:2WD・フルタイム4WD 
変速機:5MT・4AT

<標準装備>
運転席・助手席エアバッグ
ABS
マニュアルエアコン
リモコン付き集中ドアロック
運転席・助手席パワーウインドウ
バッテリー強化
ワイパー強化
リアヒーター
リアフォグランプ
運転席側収納
伸縮移動型ハンガーパイプ
10W蛍光灯(LED変更可能)
ダイネット上部LED照明
100V外部入力
電気系集中パネル
後部右側面壁かけラック
スライドテーブル
ベッド下大型収納
重歩行用ロンリューム
12V・100Vコンセント(インバーターはオプション)
105Ahサブバッテリー
ミニシンク(排水のみ4Lタンク)
天井、側面断熱施工
電子錆防止システム

…続きを読む