専門マスター

充実の装備と走りを兼ね備えた ALPHA(アルファ)

AT

キャンピングカー研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

<取材協力>
株式会社AtoZ
https://www.atozcamp.com/

このALPHA(アルファ)のベース車は日産のNV200となりますが、NV200はトラックタイプのようにエンジンが座席の下あるのではなく、ボンネットにある事から、タイヤの位置を見るとよく解ると思いますが、車自体の重心が低く、同時に床の高さも低い事で乗り降りも楽で、しかも荷室部分を大胆に切り取って居室を作っているので、NV200の通常の車両重量が1250kgなのに対して、これだけの装備を積込んだアルファの総重量が1550Kgと言う事は、かなり軽いのが解って頂けると思います。

あと、このクラスで常時立って歩ける事がどのくらいインパクトがあるのか?って、実際に使ってみないとよく解らないと思いますが、天井が低いバンコンを使っている私が思うに、例えば寝る準備や食事の準備、着替えやカメラやパソコンを使う時など、座った状態で荷物の移動を行わないといけなくて、結構ストレスに感じて来ている今日この頃なのです(^^;。

また、このクラスのキャブコンでトイレが付いているという事もかなり凄い事だと僕は思っていて、通常のこのクラスの小型キャブコンにトイレを付けると言う概念はあまりなく、それよりも居住スペースと言うかベッドを充実させるなど、就寝人数の多さに注力したりする場合が多く、トイレを付けるメリットはあまり重要視されていないじゃないんのかなぁ~と思います。

道の駅やパーキングエリア、コンビニのトイレもかなりキレイになっているので、車内にトイレは必要ないという考えもあります(実は僕もそう思っていました)が、僕もここ数年いろいろな季節に旅をしていると、特に冬場など寒くてトイレまで行きたくないとか、雨が降っている時とか、コンビニも時間によっては混雑してたり・・・以外にトイレがあるといいのになぁ~と思う場面が多くなって来ています。

いろいろな使い方に対応できるように設計したものではなく、就寝人数を思い切って2人に絞って快適さを追い求めたと言う部分は、僕は面白いと思うし、個人的にはこういう個性的な車が増えて欲しいものだと思ったりします。

<基本スペック>
ベース車:日産 NV200
乗車・就寝定員:6人・2人
駆動方式:FF・4WD(選択可能)
排気量:1600CC
最高出力:109PS/6000rpm
最高トルク:15.5kgf・m/4400rpm(2WD)
最小回転半径:5.2m(2WD)
サスペンション(F):ストラット式
サスペンション(R):リーフリッジ(2WD) マルチリンク(4WD)
タイヤ(F):165/80R14 91/90N LT(2WD)
タイヤ(R):165/80R14 97/95N LT (2WD)
燃料タンク:無鉛レギュラーガソリン・55L
ホイールベース:2,725mm
全長:4,940mm
全幅:1,942mm
全高:2,400mm

<主要標準装備>
パワーウインドウ、助手席エアバック
サブバッテリー(12V105A)
走行充電システム
AC外部入力コンセント
49ℓ12V冷蔵庫
シンクシャワーヘッド
清・排水タンク 各10L
ガスカセットコンロ
床クッションフロア
マルチルーム
上部キャビネット
リアCCDカメラ
室内カーテン

…続きを読む