専門マスター

ベッドが降りてくる!やっぱり、日本車にない重厚感、繊細さは違うなぁ~

AT

キャンピングカー研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

<取材協力>
株式会社RVランド
https://www.rvland.co.jp

これまでに数回、HYMARさんの車をご紹介しておりますが、一つ言える事は歴史が違う・・・という点ではないでしょうか?
確かに日本の車も素晴らしくレベルアップしていますし、機能や性能は引けを取らないものもたくさん出てきていると思います。
が、何かが違う・・・そう思わせる所がHYMERさんの車にはありますよね~

国がや地域が違うので使用目的や使用状況も違っていおり、日本での使用にそぐわない部分もあったりしますが、なんと言うか、そう言った事ではなく、根本からのクオリティの違いが感じられるのです。

でも、これはどちらが良いとか悪いの話ではなく、単に歴史の問題のような気もします。だいたい30年前ぐらいから、欧米のキャンピングカー、モーターホームを真似て作り始めた日本のキャンピングカーですので、そのぐらいの歴史の差は常にあるという感じでしょうか?
前述の通り、日本の車もかなりレベルが上がっているのは確かなんですが、例えるなら、日本庭園を外国で真似て作られていたりするのを目にしますが、よくできていいても、どこか・・・重みがないというか・・・
そんな感じ?なんか日本の車の悪口を書いてるようで、嫌なんですけど(^^;
何度も言うようで申し訳ありませんが、良い悪いの話ではなく、単純に作りにどっしり感があると言った事を表現したいだけなんですけどね

日本では独自のニーズや社会の状況などで独自に進化しており、一概に比べる事はできませんが、何か基本的な部分で違う気はします。
とは言え、しっかり作られている分、重かったり、日本では不必要な装備があったり、電気が足りなかったり、日本の使用状況にはそぐわない部分も多々あるんですけど、やっぱり細部の高級感は感じてしまいます。

RV設備の整ったヨーロッパと、道の駅で泊まるったりする日本とでは根本的に考え方違うと言うのも、大きいと思いますし、デフレが続く日本との感覚の違いもあるかもしれませんね~

とにかく、高級感を感じる事ができる!と言った点で、やはりHYMERさんを選ぶ方が多いのは、頷ける部分ではありますよね~

…続きを読む