How to

毛穴汚れや角栓にも!?日焼け止めや濃いメイク落としにおすすめクレンジングオイル使い方

あやこのぶっちゃけ美容会議

美容ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

濃いメイクや重ね塗りした日焼け止めだって
簡単にスルっと落とせる洗浄力ゆえに

肌に負担になりやすそうとか乾燥しそうとも
言われたりするクレンジングオイル。

クレンジングオイルだから良い。悪い。
クリームだから良い。悪い。etc.
というより、使い方や選ぶアイテムで肌への負担て
変わってくるんじゃないかなと思います。

今回は私のクレンジングオイルおすすめの使い方、
選び方を紹介したいと思います。

使っていくのは
Attenir アテニア
スキンクリアクレンズオイル
アロマタイプ
175mL 1,836円(税込み)

無香料も発売されていますが、天然のベルガモットや
レモングラス精油の爽やかな香りが好きなので、
私はアロマタイプを使っています。

こだわりの美容オイル4つを配合し

*ロックローズオイル
*イモーテルオイル
*バオバブオイル
*アルガンオイル

洗い上りが全くつっぱらない所が良いです。

クレンジングオイルを使う時は手を洗って汚れを
落としてから、必ず乾いた手にとるのがベター。

濡れた手OKのものもありますが基本的に水分は
少ない方がきちんと落ちるので、結果、
肌を擦る回数が減ると思う。

アイメイクやリップが濃い場合は先に
ポイントメイク落としで落としてもアリ。
(このスキンクリアクレンズオイルは
濃いメイクも落ちるのでやらなくていいと思う)

手にとったら
おでこ、頬、あご、鼻、目元に
おいていきます。
『濃いアイメイクから落としたい!』

『赤リップを先に落としたい!』

という気持ちもあるかもしれませんがw、
濃いメイクが混ざったオイルで落とすと、
洗浄力も落ちるしメイク汚れを他の箇所に広げる
ことにもなるので、どちらかというとNGかなと。

まずはおでこと鼻のTゾーンから
なじませて→顎先→チークの付いてる両頬
→最後にメイクの濃い目元や口もとを落として
いくとよいです。

ここで出来るスペシャルケアの1つとして
濡らしたホットタオルを顔に30秒あてるのもアリ。
(毛穴や角栓が気になるときにのみ)

普段落とす時は、手についたメイクの混ざった
オイルを洗い流してから、もう一度
少しだけオイルを手にとってあげて
お湯を数滴たらして白く濁らせ、顔になじませてから
顔を洗うと、すぐにオイルもメイク汚れも
洗い流しやすくなるので、肌に負担が
かかりにくいように思います。

クレンジングオイルは、なんでも一緒。ではありません。
肌を考慮し、しっかりと保湿力をうたっているものを
選んであげるといいです。

ジェルやクリーム、ミルク系のタイプに比べて
オイルの“落ち”はかなり高いので、マッサージしたり、
顔の上に長くのせ続けたりすることはせず、
(まぁクレンジングオイルでマッサージ
する方はあまりいないと思いますがw)

早めに洗い流してあげましょう。

ちゃんとしたものを使えば、クレンジングオイルで
肌がバリバリに乾燥してしまった!なんてこともないはず!

洗い流してあげる時は上下にゴシゴシせず
卵を包むように手を動かしましょう。

なにより、クレンジングオイルの魅力は、
濃いメイクでも、落とし残しが無いこと、
毛穴汚れやザラつきが目立ちにくくなることにあると思っています。

ぜひみなさんもやってみてくださいね。

…続きを読む