How to

コンシーラーおすすめ使い方と塗る順番!よれない方法やクマ,シミ,ほうれい線の消し方!色選び方全部見せ

あやこのぶっちゃけ美容会議

美容ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

*コンシーラー塗ってもよれてシワが逆に目立つ!
*モチよくするには?
*クマやシミ、ほうれい線の消し方が分からない
*色がありすぎて何選んだらいいのか分からない
*小鼻の赤み消したい
*口周りのくすみ消したい
*ついでに口角上げたい
*そもそもオススメの使い方ってなに?
*下地の後?ファンデの後?いつ塗るか順番が知りたい
*どんな種類があるの?

・・・
・・・
・・・etc.

コンシーラーのお悩みって本当に本当に
言い出せばキリがないほど、むちゃくちゃありますよね。

今回は、30代、40代、50代以上の美容好き女子たちが直面しがちな
『エイジング悩みをコンシーラーで消す方法』
というのをお知らせしたいと思います。

まず、大量の悩み例を挙げましたが、コンシーラーはコツさえ分かれば
実は簡単だったりします。

まずは色の選び方から。
小鼻や頬の赤み、ニキビ等を消す時は黄味系のコンシーラー
(イエローベージュとかね)

青いクマやグレーっぽいくすみを消す時は赤み系のコンシーラー、
シミを隠す時なんかも赤みのある色がオススメです。
(ピンクっぽいコンシーラーとかありますよね)

口周りのくすみも赤み系のコンシーラーを使うと良きです。
ほうれい線や下まぶたの影、目頭のくすみなんかも
赤み系が向いていますね。

『自分の悩みに何色系が合うのか?』
が分かったら、早速塗ってみましょう。

ちなみに、
『塗る順番』
ですが、、、

アイテムによって、前後する場合もあるとは思うものの。

化粧下地

ファンデーション

【コンシーラー】

パウダー

の順番です。

コンシーラーを目元に塗りたいと思ってる時は、目まわりのファンデは
“塗らない”
もしくは
“ごくごくごく薄く”
が崩れにくくするポイントです。

まず最初に、一番悩みの多い目元のくすみクマとほうれい線
を消していきましょう。

今回使用するのは
カペラの
ナチュラルフローレスファンデーション
2,540円(税込み)
https://cores-ec.site/capella/?inflow=13

他にもイヴ・サンローランのラディアントタッチ
なんかもおすすめです!!!
5,500円(税込み)
https://www.yslb.jp/makeup/makeup-complexion/makeup-concealer-and-highlighter/

カペラのファンデをコンシーラーがわりに使っていきます。

『光で肌の影を飛ばす』

がテーマなのでくすみとシワによる影は飛ばしやすいです。
光が多ければシミの部分も光が反射して見えにくくしやすいですね。

ほうれい線や涙袋の影(クマ)を消したい時によく聞くのが、
『シワの上に塗ってます』
というもの。

これはあまり意味がなかったりします。泣

ほうれい線や涙袋の線に塗っても隠す効果はあまりなく、
逆に浮きやすかったりも。。。

シワを飛ばすために塗る時は

*シワのすぐ上の影になりやすい箇所と
*シワよりちょっと下の影になってる所

まで塗るのがおすすめ。

光は基本上からあたるから、シワとして凹んでいる部分だけではなく
そのすぐ上の皮膚も光が当たりにくく影ができます。

シワの線の部分だけでなく、その上の皮膚までコンシーラーを
使ってあげることで、ワントーン明るくし、影を消すことが出来ます。

しかし、シワの線の下の皮膚、光が当たっている明るい箇所も
コンシーラーを塗って明るくしてしまうとベースの色が似てくるため、
また影が目立ってきてしまうことも。

コンシーラーで消す時は必ず『シワとシワの上の皮膚』
に塗ることを忘れないでください。

ほうれい線やシワは必ず“影”があるから目立ちます
なので、影になってるとこだけコンシーラーで明るくする。
と覚えてください。(動画を参照してください。)

また、お疲れな目元を若々しく見せたい時は
目頭に少しおいてポンポンなじませ、上まぶたにも薄くオン
くすみをとり若々しく見せやすいです。

目尻を引き上げたい時は下まぶた目尻側の3分の1から上に向かって
引き上げて馴染ませます。
口角を上げる時も目尻同様に、上に引き上げます。
(動画を参照してください。)

また、
『ヨレやすい』
との声が多い目まわりのコンシーラーですが、
それを回避するには、コンシーラー塗ったらすかさず
『パウダーを薄くのせる。』
が正解です。

瞬きするごとに目元が動いて、リキッドやクリームタイプはヨレやすいので
パウダーで固める。みたいなイメージです。

コンシーラーののせた位置が
『決まったな!!』と思ったら。
アイシャドウブラシに軽くパウダーをとってあげて、ひと刷け。

ごく薄くでOK!ブラシに粉がついてるかついてないかのレベルでOK
これで断然モチが良くなりますね!

また、まぶたにパウダーをのせる時は二重の線等に入ってしまったファンデや
コンシーラーは指でなじませてからのせるのがベスト。
(線が入ったまま固まっちゃうからね)

私のオススメの『コンシーラーの使い方』ですが、
基本的にコンシーラーでは、シワやくすみ、クマといった
影を消すのが30代以上の女子には推しです。

というのも、トーンアップ系の下地やいつもお使いのファンデを
気になる所にしっかり叩き込めば、肌の赤みはある程度消せることも多いから。
(ここは人によりけりですが、、、下地やファンデで
消せる人が多いと思います。)

『肌の赤みどころじゃない!赤くなってしまったニキビやニキビ跡を
いまどうしてもすぐ消したい!』

って時は、それ専用の肌に優しく、カバー力高めな
黄味系コンシーラーを買って使った方が早いです。
(ニキビの悪化も防げますしね)

コンシーラーもいろいろ種類があって一概には言えない所もありますが、、、
パレットに入ってるようなクリームタイプは比較的カバー力が高いものが多く、
サラッとしてるようなリキッドタイプは少しカバー力が下がることが多いです。

とはいえ、クリームタイプに比べてリキッドはヨレにくかったり、
自然にカバーができるので、コンシーラーを使っても
厚塗り感は出にくいのですね。

(目まわりやシワのある箇所に、比較的広範囲に塗るなら、薄付きの仕上がり
の方が個人的にはオススメ。)

『自分にどんなコンシーラーが必要なのか?』

というのをまずは、分かって頂けたのでは??と思っています。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

=商品情報=

*Capella カペラ
ナチュラルフローレスファンデーション
2,540円(税込み)
https://cores-ec.site/capella/?inflow=13

*イヴ・サンローラン
ラディアント タッチ
5,500円(税込み)
https://www.yslb.jp/makeup/makeup-complexion/makeup-concealer-and-highlighter/

…続きを読む