How to

  • いいね

【目元のクマくすみを消す方法】アイシャドウをキレイに発色&アイメイク前のベース作り

あやこのぶっちゃけ美容会議

美容体当たりレポーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

『目元がくすんでると特に下瞼のアイシャドウが上手く発色しない。』

『手に色をのせた時は可愛い!って思ったのに、
実際に目元に塗ったら色味が違って見える。』

なんてことありませんか?

最近は下瞼に淡色やカラーもののアイシャドウ塗ったりすることも多いしさ、
涙袋をキレイに見せたくて、ハイライトに近い色のアイシャドウ入れたりするもんね。

あるよね。

私も寝不足だったりするとめちゃくちゃクマができる
タイプなんですが、、、

そんな時にさ、ファンデーション塗って〜
明るいアイシャドウでも塗ってみな?

完全にくすみに溶け込む不思議。

なんなんですかね。
魔法ですかね。
どこいっちゃったんですかね。
私のアイシャドウ

捜索願出しますか!!??

くらいで消えるんですよねw

私の場合、30歳を超えたあたりから
くすみって気になり始めた気がするんだけど、

年齢によるくすみをカバーしてアイシャドウを発色させるには

①カラーコントロール下地

②コンシーラー

③ハイライトパウダー

この3つがポイントなんです。

動画内でも解説してますが、まずはトーンアップしやすい
ピンク系のカラーコントロール下地でクマ&くすみが消えるかを確認。
(目の下にカラーコントロール下地をしっかり足すことで、
消えるクマもかなり多いはず。)

下地で消えなかったらコンシーラーとハイライトパウダーをプラスしてみる。

というのがオススメです。

動画内では、ピンク系のトーンUP下地にブリリアージュを使用。

BRILLIAGE ブリリアージュ
メイクアップベース
フェイスレスポンサー
33g 4,730円(税込)

崩れにくく、肌を明るく見せる効果が強い化粧下地。
目の下にしっかり仕込みます。

下地である程度くすみが消えるようであれば
いつも通りファンデーションを重ねて仕上げ、

下地だけではどうにも消えないようであれば、
コンシーラーを重ねる“くすみ&クマの部分”を
避けてファンデーションを塗ります。

(下地もファンデもコンシーラーも塗って重ねまくると
崩れやすくなるため、ファンデは塗らないようにする。)

下地同様、目の下のガンコなくすみや
クマを飛ばす時のコンシーラーも
断然ピンク系が推しです!!

動画内ではナチュラグラッセの
ブライトタッチリキッド
ピンクベージュを使ってます。

いや、オレンジ系でも良いんだけどさ。
結局、色々使ってみて、ピンクが比較的
一番飛ばしやすいな。とは感じてるの。

この時、先述しましたがくすみやクマの部分にだけ
コンシーラーを塗っていきます。
(先ほどファンデを塗らなかった所)

くすみやクマの部分からはみ出し広範囲に塗りすぎると
また影が目立ってきやすいので

おさない・かけない・しゃべらない
ばりに、
はみ出さない。
を徹底して頂きたい所存。
(これなんだっけ?防災訓練だっけ?)

指で塗っても良いんだけどはみ出さないようにするには
どちらかというとブラシで塗った方がキレイに仕上がりやすいよ。
というわけです。

コンシーラーが仕込めたら上からハイライトのパウダーをオン

ナチュラグラッセのアイパレットEX02に入っている
ハイライトを使用しています。

アイシャドウブラシを使って丁寧に入れてね〜。

個人的にはラメ感が強いものより、ピンクよりの
マットな質感のハイライトパウダーがオススメです。

ハイライトを塗る。
この一手間は、ぜひやって欲しくて

①コンシーラーが崩れにくくヨレにくくなるので
夕方になっても目元がくすみにくい。

②ハイライトでより目元が明るく見えるし、アイシャドウをのせても
きちんと見たまま発色してくれるようになる。

③下瞼にパウダーを乗せることでアイメイク自体が崩れにくくなります。

まじで良いことしかないじゃないか!

ハイライトをサッと入れた後にアイシャドウを塗れば発色もキレイ〜!

『ピンク系カラーコントロールもコンシーラーもハイライトも
役割はわかるけど実際、私にはハードルが高そう。。。』

なんて意見がチラホラと聞こえたりしますが、

簡単にこの3つのピンク系を言うなら

コンシーラーは消しゴム
ハイライトはヒアルロン酸注射です。
カラーコントロールもライトなヒアルロン酸注射。

ん。より意味わかんないか?

何が言いたいか?と言うと

顔の影になってる所やくすみといった暗い部分を消して
明るくするのがピンク系コンシーラー

ふっくらor飛び出して見せたい所に塗るのが
ピンクのハイライトなの。

カラーコントロールはもう少しライトに作用するイメージ。

30歳を過ぎてきたあたりから目元が下がってきたり
眼窩脂肪が気になったり。。。(いわゆる目袋です)
目周りの悩みって少しずつ増えていきますが
カラーコントロール、コンシーラーとハイライトさえあれば!
結構なんとでもカバーできちゃうもんです。

コンシーラーの場合、カバー力が高いのはクリームタイプですが、
まず最初に扱いやすいもの。であればリキッドがオススメ。

動画内で使ってるナチュラグラッセでも良いし、
ドラッグストアの別のプチプラでもOK。

ハイライトもラメ感が強すぎないピンク系ならOK。

まずは塗ってみる!
そしたら意外と簡単だ!というのがわかるはず!

ぜひ皆様もチャレンジしてみてくださいね〜!

=ぶっちゃけ美容ブログ書いてます!=
Ayakoのぶっちゃけ美容会議
https://ameblo.jp/ayacosmeholic/

シェア

いいね

コンテンツへの感想