How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【40代・50代〜アイメイク】失敗しにくい!アイシャドウのアイホールへ簡単グラデーション塗り方のコツ

あやこのぶっちゃけ美容会議

美容体当たりレポーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【失敗しにくいアイシャドウの塗り方】

おさえるべきワンポイントと
最近お気に入りのメイクブラシを
あわせて紹介します。

ムラのないアイホールへのグラデーションのポイントは
『メイクブラシの使用&ブラシの使い方』
もとても大切です。

というかですよ。
パール感や淡い色のアイシャドウをアイホールに塗る時は
ちょっと適当に塗ったとしても、ぶっちゃけなんとかなるんですよね。

そもそも淡色は色が薄いからこそ瞼にのせた際、
ムラになってても分かりにくいですし
パールが入っていれば光の反射でムラが見えにくい。

でもこれが、ちょっとトレンドなマットな発色の
アイシャドウだったり、濃い色になると、たちまち

『あれ?なんかアイシャドウがキレイに塗れてない???』

『もしかして、この色、気に入って買ったけど微妙だったのかな…』

なんてことが起こったりもしてしまうわけです。

アイシャドウは目尻にしっかりと色をのせる方法もあれば、
目頭にポイントを持ってくるやり方もあったりして。

今回お伝えする方法だけが
“正解”ではないけれど、

たくさんあるアイシャドウの簡単な塗り方の1つとして
覚えておくのもアリなんじゃないかな。と思うのです。

私の場合、目の際から均等にグラデーションを
アイホールへ広げたい場合、

ブラシにしっかりアイシャドウを含ませて
余分な粉をオフ(ティッシュや手の甲で)

目の際から『上から下』に向かって
3段階でブラシを動かし、少しずつのせ

徐々にアイホール全体へ広げるようにしています。

グラデーションにするには目の際を一番濃くしたいので、
しっかり発色するファーストタッチを目の際から始めるようにすると
失敗しにくいかなと思っています。

濃い色をのせたい時は筆先に少しとり
目の際でワイパーのように動かします。

(今回使用しているアイシャドウブラシはアイホールも
目の際も使えるものですが、ブラシによって両方のせるには
難しい場合もあります。
その時は無理せずアイホールとポイントカラー用の2種類を
使うようにしてください)

アイシャドウブラシを上から下に動かすのは、
下から上に動かすよりも余計な箇所に粉とびしにくく、
アイシャドウがはみ出したりするのを防ぎやすいから。

また上から下に動かす方がブラシの筆先が見えやすいな
とも思っています。
(筆先が見えた方が、どこを塗ってるかが分かるので失敗しにくい)

最近、めちゃくちゃ名品だなと思うアイシャドウブラシは
竹宝堂さんのシルバーフォックスのブラシ

竹宝堂
アイシャドウブラシ
FO-10
3,520円(税込)

シルバーフォックスの名前の通り狐の毛ですが、
これがまじでめちゃくちゃ気持ちいい。
(私はリス毛より好きです)

肌にしっとりと吸い付くような滑らかさと、
いつまでも触っていたくなるような柔らかさ、

なのにコシがある程度あることで、
発色の良さが本当に素晴らしい!

今回のFO-10のアイシャドウブラシは
少し変わった形をしていて、
よくよく筆先までを見ると
傾斜がついているんですよね。

この傾斜がアイホールへ広くグラデーションをのせることも
目の際にしっかり発色させることも叶えてくれて。

細かい動きもラクラクなので、
アイホールからポイントカラーから
バリエーション豊かに使えるのも魅力。

いや〜良い仕事するんです!

【失敗しにくいアイシャドウの塗り方】

メイクブラシとあわせて!ぜひチェックしてみて〜!

それでは今日はここまで!
フォローもよろしくお願いします!

=ぶっちゃけ美容ブログ書いてます!=
Ayakoのぶっちゃけ美容会議
https://ameblo.jp/ayacosmeholic/entrylist.html
Ayako

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


How toの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る