タイトル画像

【海老名市】ロマンスカーミュージアムは鉄道好きな親子に楽しい

あやめ

ライター&編集者/鉄道ブロガー/ロコっちセンター南(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年4月にオープンした、神奈川県海老名市の「ロマンスカーミュージアム」

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオープンを延期していた、キッズロマンスカーパーク内の「ロマンスカーアスレチック」も10月1日に待望のオープン!

「ロマンスカーミュージアム」を鉄道好き親子目線でお届けします!

「ロマンスカーアスレチック」が待望のオープン!

まさにロマンスカーのカラー(内覧会にて撮影)
まさにロマンスカーのカラー(内覧会にて撮影)

ロマンスカーミュージアムが開館してから約半年。キッズのあそび場である「ロマンスカーアスレチック」が待望のオープン!待ってたよ!

とはいえ我が家、週末のお昼過ぎに出かけたので、整理券配布終了で入れませんでした…。

早めの時間に来館されることをおすすめします!

ロマンスカーアスレチックの中はこんな感じ!(内覧会にて撮影)
ロマンスカーアスレチックの中はこんな感じ!(内覧会にて撮影)

体験料金:子ども300円、大人200円
体験時間:45分(完全入れ替え制)

ペーパークラフトを走らせよう

ロマンスカーまたはおうちから選べる、ペーパークラフト。

切り取り線があるので、台紙から外すのもとっても簡単で、組み立ては糊いらずです。

失敗なし!簡単につくれます
失敗なし!簡単につくれます

「できた!」

紙でできた街で走らせよう!線路におくだけで走り出します
紙でできた街で走らせよう!線路におくだけで走り出します

パーペークラフトを購入してご自宅で作ってもいいですし、ロマンスカーミュージアム内の「こうさくしつ」で作って走らせることもできますよ。

ペーパークラフトは有料で500円、対象年齢は3歳からです。

「インタラクティブアート」は手をかざすと線路がうまれ電車が走る!

子ども達に大人気なのが、インタラクティブアート“電車とつくるまち”。

壁に手をかざすだけで線路がうまれ、ロマンスカーが走り出します。

とてもシンプルなのですが、両腕をかざして二車線つくったり、自分が動いて曲がりくねった線路をつくってみたり。

「赤いロマンスカー(GSE)がきたよ!」

「こっちは白いロマンスカー!」

子ども達にとっても、とても楽しいエリアです!

「ステーションビューテラス」はロマンスカーが目の前に!

ロマンスカーミュージアム屋上にあるのが「ステーションビューテラス」。ロマンスカーミュージアムのすぐお隣は小田急電鉄海老名駅なんです!

屋上に「海老名駅ロマンスカー時刻表」が設置されているので、時刻近くなったらテラスにいってみましょう。

タイミングが良ければ上りと下りが1~2分差で、ロマンスカーが2台見られるときも!

海老名駅ロマンスカー時刻表
海老名駅ロマンスカー時刻表

もちろん通勤電車も走っていますよ。

ロマンスカーミュージアムの隣にミュージアムカフェもあります

ミュージアムカフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE(ロマンスカークラブハウス)」は、ロマンスカーミュージアムを出たところ、出場ゲートの隣りにあります。

(内覧会にて撮影)
(内覧会にて撮影)

鉄道が眺められる抜群のロケーション!

窓際ボックス席は空いていたらラッキーですよ。

お一人でも家族でも過ごしやすい、寛げる店内です。

ドリンク、フード、デザートも充実

沿線コッペ(コッペパン)やキッズセット、プリンや「飲める車両図鑑」のほか、魅力的なフードがたくさん!

これからご紹介するのは、わが家が実際に食べたお食事やドリンクです。

沿線コッペ(平飼卵 「さがみっこ」)
沿線コッペ(平飼卵 「さがみっこ」)

沿線コッペは選べる6種類。高座豚ハム、アンバターイチゴ、湘南ゴールドクリーム、かまかのピーナッツクリーム、平飼卵「さがみっこ」、日東紅茶クリーム。

小田急電鉄沿線の名産をとりいれた食材が嬉しい。

GSEセット(手前はロマンスカーミュージアム館内限定のガチャガチャでメニューには含まれません)1,350円
GSEセット(手前はロマンスカーミュージアム館内限定のガチャガチャでメニューには含まれません)1,350円

ロマンスカーの最新型車両GSEの容器に入った「GSEセット」はやっぱりおねだりされてしいますね。

GSE容器なしで内容は同じ「キッズセット」(850円)や、気軽に頼めるチキンナゲット、ソフトクリームなどもあります。

喫茶室プリン ドリンクセット(700円)
喫茶室プリン ドリンクセット(700円)

飲める車両図鑑(各700円)
飲める車両図鑑(各700円)

タッチパネルでの注文時、ロマンスカーの絵柄も選べるドリンク「飲める車両図鑑」は、コーヒー、ココア、ミルク、いずれもホットかアイスが選べます。

ドリンクの上にクリームの層があり、その上に絵柄が描かれているのだそう。このクリームが甘すぎずとっても美味しかったです。

カフェ休憩してもミュージアムに再入場可能(2021年10月現在)

カフェ休憩でロマンスカーミュージアムを出場しても、入場チケットを提示することで再入場できますので、なくさないようにしましょう。

(2021年10月現在は再入場可能ですが、世の中の状況によって変更される可能性もあります)

鉄道の日にロマンスカーに会いたい

10月14日は鉄道の日と定められています。

明治5年(1872年)10月14日新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、それから122年後の平成6年、その誕生と発展を記念し、毎年10月14日を「鉄道の日」と定めました。 鉄道の日について|国土交通省

コロナ前は、全国あちこちで鉄道の日イベントが行われていました。いまはイベントが開催されていないので少し寂しいですね。

ロマンスカーミュージアムは大人だけでなく、子鉄ちゃんにも嬉しい鉄道スポット。

海老名駅隣接のため傘不要・ベビーカーでも安心して出かけられます。

施設名:ロマンスカーミュージアム
住所:神奈川県海老名市めぐみ町1-3(小田急線「海老名駅」隣接)
電話番号:046-233-0909(受付時間:開館日の10:00〜18:00)
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:第2・第4火曜日
入館料:大人(中学生以上)900円、子ども(小学生)400円、幼児(3歳以上)100円
公式ホームページ:ロマンスカーミュージアム(小田急電鉄)
※イベント・キャンペーン情報や当日の入館状況は、公式Instagramにて
※週末はとくに「事前予約」がおすすめです

シェア

いいね

コンテンツへの感想