タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【稲沢市】復刻!小倉&モッツァレラのパニーニ|カフェタナカ 稲沢文化の杜店

ayan

ブロガー・旅ライター(稲沢市・清須市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

稲沢公園の近く、南大通り沿いにある「カフェタナカ 稲沢文化の杜店」は名古屋市北区上飯田に本店を構える「CAFÉ TANAKA(カフェタナカ)」のショップのひとつです。

店内のカフェサロンは、9時~11時はモーニング、11時~14時30分はランチ、15時~17時はティータイムの利用ができます。(モーニングのことを書いた記事はこちら

ランチは、名古屋の昔ながらの喫茶メニューである鉄板スパゲティランチ、フランスのカフェメニューであるガレットランチのほか、ミルフィーユサンドウィッチランチ、ラザニアランチ、パニーニランチなど種類豊富です。

今回いただいたのは自家製パニーニランチ。約20年振りの復刻メニューである、小倉&モッツァレラ<季節の自家製コンフィチュール付>(880円)を頼んでみました。

ほかに、ツナ&オリーブ&アンチョビ、生ハム&カプレーゼ、パストラミ&チーズのパニーニもあります。いずれも自家製スープ付きです。

いずれのパニーニも、+330円でドリンクセット、+550円でデザートセット、+660円でミニパルフェセットにすることができます。

こちらが運ばれてきた自家製パニーニ、小倉&モッツァレラ<季節の自家製コンフィチュール付>です。+330円で自家焙煎のブレンドコーヒーを付けてもらいました。

パニーニの断面はあんバターっぽいですが、白っぽく見えるのはバターではなくモッツァレラチーズです。あんこ+モッツァレラの組み合わせ、いったいどんな味がするのでしょうか。

しっかりプレスされた表面は香ばしく、パリッとした歯触り。焼きたてが運ばれてくるので、中のあんこは温かく、モッツァレラチーズもやわらかい食感です。

ミルキーでくせのないモッツァレラは、意外にもあんことマッチして驚きました。香ばしいパニーニ、やさしい甘さのあんこ、まろやかな味わいでムチッとした食感のモッツァレラの組み合わせ、これはアリです!

小倉&モッツァレラのパニーニはそのままでもおいしいですが、別添えの自家製コンフィチュール(ベリー)とゲラントの塩をつけても楽しめます。ゲラントの塩をパラパラとふりかければ、塩バターあんぱんのような甘塩っぱい味わいです。

ベリーがごろごろ入った自家製コンフィチュールも、あんこ&モッツァレラチーズと不思議なほどよく合いました。甘み、ミルキーさ、甘酸っぱさ……、とても余韻の残る味わいです。

パニーニはイタリア生まれですが、イタリアの人がこのパニーニを見たらびっくりしてしまいそうですね。

ブレンドコーヒーは香り高く、焙煎したてのせいか雑味もなくて、おいしくいただけました。

あんこ&モッツァレラのパニーニの味が気になったら、カフェタナカ 稲沢文化の杜店にぜひ足を運んでみてください。

※本記事に記載している価格はすべて税込です。

店舗詳細

店名:カフェタナカ 稲沢文化の杜店
住所:愛知県稲沢市稲沢町前田255番地
アクセス:名鉄名古屋本線・国府宮駅より車で約10分
電話:0587-21-9700
営業時間:
カフェサロン 9:00~18:30(L.O.18:00)
※モーニング9時~11時、ランチ11時~14時30分
テイクアウト・ショップ 10:00~18:30

CAFÉ TANAKA 稲沢文化の杜店 公式サイト(外部リンク)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。