タイトル画像

【武蔵野市】本好きは吉祥寺の古書店にいる

AZUSA

大学院生/フリー編集者/図書館司書(武蔵野市・三鷹市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

新本屋さんは駅前のテナントビルの中、そして古書店は路面に張り出しているのが吉祥寺の特徴。外の100円均一、3冊200円均一の棚はいつ行っても掘り出し物があります。遠くからでもお宝……いえ、古書の気配がしてきて、ついふらふら~と入ってしまうのですよね。薄暗くて、紙の香りがして、海外文芸が得意、あるいはサブカル系など、店により著しい特徴があります。多くはお客から持ち込まれるのが古本なので、古書店の棚を見れば、どんな本を読む方が多い街か、ひと目でわかります。

公園通りは古書の香り

南口をおりて東西にのびるのがパークロード、通称公園通り。せいぜい500mメートル、毎日小田急バスが路肩ぎりぎりを擦り抜ける職人芸を見せる狭い通りに古書店が2軒。こちらはサブカル系の宝庫、「BASARA」です。昭和50年代の黄金期少女漫画の連載誌、90年代のJPOPはなやかなりし頃の音楽雑誌、そして中に入ると絶版の岩波文庫がずら~。なんかもう、濃すぎていりびたってしまいます。→BASARA(外部リンク)HP

2006年創業。夜9時まで開いているので、図書館も閉まった夜、とつぜん活字中毒になった人間を潤してくれる
2006年創業。夜9時まで開いているので、図書館も閉まった夜、とつぜん活字中毒になった人間を潤してくれる

本日の戦利品。みんな昭和の伝説漫画。竹宮恵子のSFがのっているフラワーコミックが「ホットロード」の紡木たく、吉田秋生の「吉祥天女」とあわせて200円でずぞ! こちら系の本を持っている方は捨てずにバサラへ持っていってください。文化の継承を!!
本日の戦利品。みんな昭和の伝説漫画。竹宮恵子のSFがのっているフラワーコミックが「ホットロード」の紡木たく、吉田秋生の「吉祥天女」とあわせて200円でずぞ! こちら系の本を持っている方は捨てずにバサラへ持っていってください。文化の継承を!!

古本の面白さはデザインの比較ができるというところにあります。右は2000年発刊、左が最近の中国SF。似た内容なのにパッケージはぜんぜん違いますね。CGと印刷の進歩がすごい。荒俣さんの監修なら左の装幀くらいのほうが合う気がする。中国現代小説はカフカの千倍ぶっとんでいますよ
古本の面白さはデザインの比較ができるというところにあります。右は2000年発刊、左が最近の中国SF。似た内容なのにパッケージはぜんぜん違いますね。CGと印刷の進歩がすごい。荒俣さんの監修なら左の装幀くらいのほうが合う気がする。中国現代小説はカフカの千倍ぶっとんでいますよ

オーソドックスな絶版本探しなら駅前の古本センター

 公園通りの路地に入ってすぐ、ザ・古書店という感じの古本センターがあります。海外文芸や早川・創元SF、FTの絶版文庫、そしてちくま文庫など学芸系がバーンとそろっています。ひっくりかえったおもちゃ箱みたいな店内を見よ。奥に絵葉書やフィギュアも。→HP

奥に何があるかわくわくする店内
奥に何があるかわくわくする店内

入口の100円棚をみてください。上から二段目、絶版の早川ポケミスですぞ!
入口の100円棚をみてください。上から二段目、絶版の早川ポケミスですぞ!

本の文化継承に欠かせない古書店

 現在、新刊本は年に7万冊流通していると言われています。それだけの本を置くキャパシティはリアル書店にないので、ほとんどの本が1、2ケ月店頭にあるだけで、後は返品されます。そうして再注文を待つわけですが、一度書店から姿を消した本が個人の注文によって出版社の倉庫から再びひっぱりだされることはなかなかありません。つまり、昔と違い、本の寿命が月刊誌並みに短くなっているのが現代なのです。
 しかし日本の出版文化は素晴らしく、中身もそうですが、装幀と印刷の技術は世界トップクラス(本の作りは経済ではなく民度を反映します。世界一の某経済大国はわら半紙みたいな表紙で本を作る)。数か月どころか、十年二十年たっても色あせず、見事な姿かたちで古くなっていくのがのが日本の古書なのです。本を「データ」ではなく、手作りの工芸品とみるなら、見事な装幀の本を逃さないで! 愛でて、残すために、買いましょう。

大江健三郎の文学論、ヘミングウェイの再考論を発見。BASARAにて
大江健三郎の文学論、ヘミングウェイの再考論を発見。BASARAにて

店主さんの趣味のよさが反映されるのも古本屋

最後にタイトル写真にもさせていただいた小さな古書店をご案内します。南口から道なりに奥へ行くと、まるで本好きの女子の部屋におじゃまさせていただいたような「のんき」があります。今年の春、開店したばかり。狭く、落ち着ける中に、哲学、芸術、文学、政治・経済とあらゆるジャンルが魔法のようにそろいます。ぜひ、出かけてみてください。HPを見る

シェア

いいね

コンテンツへの感想