タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【英語レッスン】「とても暑い!!」「VERY HOT」以外でよく使われる英語表現は?

番場直之

TOEIC満点講師/英語学習系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんこんにちは。ForB(フォービー) Englishの番場です。写真の犬たちも暑さでぐったりしていますが、本日は「VERY HOT」以外で「とても暑い」を意味する、よく使われる英語表現をご紹介します。

「とても暑い」を意味する英語表現

It’s very hot.
It's boiling.
It's roasting.
It's scorching.

まず「boiling」です。「boil」は動詞で「沸騰する、ぐつぐつと煮える」という意味ですが、そこから「沸騰するように暑い、煮えるように暑い、とても暑い」という意味で形容詞的に使われています。

次に「roasting」です。「roast」は動詞で「あぶり焼きにする、焼かれる、あぶられる」という意味ですが、そこから「火にあぶられるように暑い、焼かれるように暑い、とても暑い」という意味で形容詞的に使われています。

最後に「scorching」です。「scorch」は動詞で「表面を焼く、焦げる、枯れる」という意味ですが、そこから「 焼けつくほどに暑い、焦げるように暑い、とても暑い」という意味で形容詞的に使われています。

また、これらの表現は、以下のように「hot」を修飾して副詞的に使われることもあります。意味は上記と同様です。

It's boiling hot.
It's roasting hot.
It's scorching hot.

まとめ

いかがでしたでしょうか?夏はこれらの表現を使う機会が増えますね。いつもは「very hot」と言っていたところを「It's boiling, isn't it?」など是非使ってみてください!

ネイティブ講師によるYouTube動画もあります。「boiling」、「roasting」、「scorching」の発音はこちらの動画でご確認ください。また、リスニングの練習、音読の練習としても是非お使いください!

関連記事

シェア

いいね

コンテンツへの感想