タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【英会話】間違えると失礼!Nice to meet you.とNice to see you.の違い

番場直之

TOEIC満点講師/英語学習系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんこんにちは。ForB(フォービー) Englishの番場です。本日は「Nice to meet you.」と「Nice to see you.」の使い方の違いについてご説明します。

この2つの表現ですが、人と会う時に使ったことがあるという方も多いと思います。どちらも「あなたとお会いできてうれしいです」という意味になりますが、使い方を意識して使っているでしょうか?今日はなんとなく「Nice to meet you.」使ってみようかな~、と気分で使い分けていたら、相手に不快な思いをさせているかもしれません。

Nice to meet you. と Nice to see you. の違い

Nice to meet you.初めて会う人に対して「あなたとお会いできてうれしいです、はじめまして」という意味で使われる。
Nice to see you (again).2回目以降に会う人に対して「(また)あなたとお会いできてうれしいです」という意味で使われる。「again」とともによく使われる。

上記のようなルールがあるので、例えば、2回目に会う人に対して「Nice to meet you.」と言ってしまった場合、言われた相手は「あれ~、この人とこの前一度会っているんだけど、忘れちゃったのかな~。。失礼だな~。。」と思ってしまうかもれません。

違うパターンとしては、初めて会う人に「Nice to see you.」と言ってしまった場合、言われた相手は「あれ、この人と前にどこかで会ったっけ?え~、、思い出せないなあ~。。」と思わせてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

まとめ

初めて会う人に対しては「Nice to meet you.」、2回目以降に会う人に対しては「Nice to see you (again).」を使ってください!

ネイティブ講師によるYouTube動画もあります。「Nice to meet you.」、「Nice to see you.」の発音の確認、リスニングの練習、音読の練習としても是非ご活用ください!

もっと動画を見たいという方は、私のYouTubeチャンネル(チャンネル登録者数11万人)に700本以上の英語学習者向け動画がありますので、こちらから是非ご覧ください!

関連記事

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想