タイトル画像

Mac用ハブの選び方とおすすめの一品

ばんか

Webディレクター/ITツールエバンジェリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

パソコン周辺ガジェットもワイヤレス化が進んで、Macもコードレスが前提のような設計になってきましたね。私の使っている M1版 MacBook Air なども、差し込めるコードの類はかなり限定されています。

ただ、それはそれでスタイリッシュで良いんですが、やっぱり物理的にUSBやメモリーカードを差し込まなければならないシーンも少なくない。

そこで便利なのが「ハブ」です。

これひとつあれば、HDMI・USB・メモリーカードなど、様々なタイプのメディアをMacに接続できるようになります。

しかし「ハブ」と一言でいっても、その種類は豊富。なにを選んだら良いのか迷うところです。

そこで今回は、Mac用のハブに必要な条件をまとめました。個人的に使用していて「こういう機能は必須だ!」という点をピックアップしましたので、ハブ選びの参考にしてみてください。

Macにダイレクトに接続できるタイプ

まず接続タイプについて。コードで接続するタイプもあるけれども、オススメはMacに直接取り付けるタイプです。

コードで接続するタイプは、スペースを余分に専有します。コード自体が短いとはいえ、机のうえで邪魔になります。

直接取り付けるタイプは、Macと一体型になるような感じ。Macに固定されるので、付けっぱなしで持ち歩いても邪魔になりません。

Macに直接接続するタイプのハブ
Macに直接接続するタイプのハブ

特に、Macをスタンドに置いて使うような場合。コードだとぶらーんとぶら下がってしまいますが、取り付けるタイプならキチンと固定されますので、スタンドと併用できます。

USB Type-C も2つ以上欲しい

USB Type-C の接続口は、必ず2個のものを選びましょう。私は過去に、1つだけのタイプを購入して後悔した経験があります。

2つ必要な理由。それは「充電でType-Cがひとつ埋まってしまうから」です。

M1版MacBook Air は充電するために Type-C 型のコードを取り付けます。そのため「充電をしながら、他のケーブルを接続する」という使い方をする場合、Type-C の接続口がもうひとつ必要になるのです。

私の場合、外部ディスプレイの接続が HDMI ではなく Type-C なので、接続口が必ず2つ必要なんです。

「いやぁ、いまは使う当てもないし」と思っても、Type-C は絶対に2口です!これは断言できます。

いまは使いみちが見つからなかったとしても、この先どんなガジェットを買うかわかりません。

「ハブなのに接続口が足りない!」なんて悲しい失敗をしないためにも、Type-C の接続口は2つあるものを選びましょう。

USB は2口以上欲しい

すこしずつ減ってきているとはいえ、まだまだUSBで接続するガジェット・デバイスは多いものです。これもできれば2つあると安心できます。

例えば私の場合、愛用しているキーボードが有線で、USB接続です。また、ちょっとしたデータの持ち運びなどにUSBメモリを使うことも少なくなりません。

その他に、USBメモリを経由でイヤホンやiPhoneを充電することもあります。

なんやかんやUSBの活躍するシーンは多いので、すくなくとも2口は必須といえるでしょう。

意外と重宝するHDMI

意外と重宝するのがHDMIの接続口。普段はあまりお世話になりませんが、「あってよかった!」と思えるのです。

一番役立つのはテレビに繋ぎたいとき。

最近ディズニー系のアニメや映画が見放題になるサブスク「ディズニープラス」を契約しまして。

それを家族で見るのが休日の楽しみだったりするのですが、パソコンの小さな画面をみんなでシェアするのには限界があります。

そこで活躍するのなHDMI。パソコンの映像をテレビに繋げれば、大きな画面で映画が観られます。

夜中、家族が寝静まったあと、リピンズの大きな画面でアマゾンプライムビデオの映画やアニメを観るのもおすすめ!私のちょっとした贅沢時間だったりします。

メモリーカードも接続できると便利

最後がメモリーカード。デジカメで撮影したデータをパソコンに取り込むときに使います。

私の場合、撮影した写真をカードの中に残しておくことはほとんどありません。Lightroomで編集したり、Googleフォトにアップロードしたり。写真をどう料理するにしても、必ずパソコンを経由することになります。

最近ではカメラからiPhone・Macへ、無線を使って直接データを転送するようなデジカメも少なくありません。しかし撮影した写真の量が多ければ、その分だけ時間もかかります。

その点、メモリーカードを直接パソコンに繋げれば、転送も一瞬!ダウンロード待ちのわずらわしさを感じることがありません。

必須条件まとめと、条件に合致する一品

それでは最後にもう一度、パソコン用のハブに必要な条件をまとめておきます。

  • Macにダイレクトに接続できるタイプ
  • USB Type-C は2口以上
  • USB も 2口以上
  • HDMI の接続口もあると便利
  • メモリーカードもあると便利

これらの条件に合致するハブはいくつかあります。たとえばこちら。

デザインもMacのピッタリなシルバー。価格も比較的リーズナブルで手が出しやすく、接続不良などの報告も少ないので安心できます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想