タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

スマホ用スタンド兼グリップ「MOFT X」が素晴らしい7つの理由

ばんか

Webディレクター/ITツールエバンジェリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

私は長らく、iPhoneには「MOFT X」を愛用し続けている。

縦・横スタンドとしても使えるし、落下防止用のグリップにもなる。カードを収納できるので、財布の代わりでもある。

これひとつあるだけで、iPhoneのさまざまな悩みが解消される、非常に優秀なアイテムなのだ。

今日はそんな MOFT X について、まだ知らない人にぜひ魅力を感じてもらいたく、筆をとった次第だ。

それでは、MOFT X の素晴らしいポイントを7つご紹介しよう。

## 指先で簡単に組み立てられる

MOFT X は、スマートフォンの背面に、強力な粘着シートで貼り付ける。

組み立ては指先ひとつでカンタン。力もいらないし、慣れれか片手でもできるほど手軽だ。

折りたたんだときは、内蔵された磁石でしっかりと固定される。自分で組み立てようと思わない限り、勝手にスタンドが開くようなことはない。

## 縦スタンドにも横スタンドにもなる

MOFT X は縦スタンドとしても使えるし、横スタンドとしても使える。そして、どちらのケースあっても、非常に安定してくれるのだ。

特に縦置きのスタンドとしての安定感が高いのは嬉しい。

落下防止用のリングみたいなものだと、スマホの重さにスタンドが耐えられず、勝手に倒れることも珍しくない。

しかし MOFT X は強力に固定されるため、スタンドが勝手に閉じることもないし、ちょっとやそっとの力で倒れることもない。

## 落下防止用グリップとしても活躍する

スタンドを開いた状態で、そこに指を通すことで、落下防止用のグリップとしても機能する。

スタンド部分が大きく広がるので、指3本〜4本ぐらいは入れられる。が、普段は指2本を通して、もう一本をスタンドの上から抑えるようなスタイルで使うことが多い。

いずれにしても、持ち手ができるのは非常に助かっている。指を通して使うだけで、かなりリラックスした状態でiPhoneを使用することができる。

## 薄型でフラットだから机に置いてもグラつかない

折りたたんだ状態だと、薄く、そして平らな状態になる。これが嬉しい。

リング型のものだと、iPhoneの背面に凹凸ができてしまうため、机に置いた状態での使用ができなくなってしまう。

しかし MOFT X なら机においてもグラグラしない。机に置いたままの操作ができるのだ。

また、凹凸ができないので、ポケットからの出し入れが簡単だ。リング型だと取り出すときに引っかかったりするものだが、そういう使いづらさがないのが嬉しい。

## 頑丈な素材で簡単にはヘタらない

MOFT X はポリウレタン樹脂とファイバーグラスの組み合わせた素材で作られている。見た目は厚紙みたいな感じだが、比べ物にならないぐらい頼りがいのある強度をしている。

そして経年劣化しても、スタンドとしての能力が衰えないのだ。

リング型のスタンドだと、使えば使う分だけリングの接続部分がゆるくなり、最終的にはスタンドとして機能しなくなってしまう。

MOFT X は、外側の素材が擦れたり破れたりしたとしても、スタンドとしての能力を失うことはないので安心だ。

## カードが3枚いれられるのが地味に便利

私は普段から財布をもたず、Apple Payでの決済がほとんどだ。それでもたまに、クレジットカードや身分証などが必要になるので、必要最低限のカードは持ち歩かなければならない。

MOFT X は背面にカードを収納するポケットがある。ここにカードを三枚ほど忍ばせることができるので、いよいよ財布の出番がなくなってしまった。

## 磁石シートとの合せ技で広がる使い道

MOFT X には強力な磁石が内蔵されている。そのため、付属の磁石シートと組み合わせると、壁などの垂直な場所にくっつけることができる。

たとえばキッチンの壁に貼り付ければ、レシピを見ながら料理をすることができる。車内に貼り付ければ、カーナビの代わりとして利用することもできるかもしれない。

アイデア次第で活用の幅が広がっていくのも、MOFT X の楽しいところだ。

シェア

いいね

コンテンツへの感想