タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【モノ語り#13】マジックキーボード:手に入れた瞬間に後悔した決定的な欠点

ばんか

Webディレクター/ITツールエバンジェリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

そのモノが良いとか悪いとか、そういう話はおもしろくない。そうではなく、そのモノがぼくにとってなんなのかを話したい。そんな一方的な「モノ語り」、どうぞお付き合いください。

今日の話は、Appleの純正キーボード「マジックキーボード」について。

そもそもは「執筆に集中できる環境をきちんと整えたい」というのが、ことの発端だった。そのためには、Macで文章を書くよりも、 iPad miniを使ったほうがいいとかんがえたんだ。

画面が広い。やれることが多い。仕事としてはそれが重要だけれど、「執筆」という集中作業にとっては逆に邪魔になる。

むしろiPad miniぐらいの小さな画面のほうが、"書く"ということに集中できていい。"書く" こと以外をすべてブロックできる、最適な環境だと考えた。

そして、iPadに最適なキーボードを探す。ただ、いろんなレビューを見れば見るほど、マジックキーボード以外の選択肢はないように思えた。

キーボードにはそれぞれ、メーカーとしての思想がある。キーの配置や入力方式には個性がある。なので、どんなに良いキーボードでも、Macと同じようなタイピング環境をそろえることはむずかしい。

そんな課題を、ゆいいつ解決する手段。それが、おなじAppleが提供している純正キーボード「マジックキーボード」だ。これなら、使い慣れたMacのように、iPadで文章が書ける。そう思った。

実際、その思惑はただしかった。この文章もマジックキーボードで入力しているが、Macと比較しても違和感がない。非常にスムーズなキー入力で、ショートカットも使える。長文であっても全く苦にならない。

そんな大満足だったマジックキーボードだが、唯一にして最大の、そして無視できない欠点があった。

マルチ接続ができないのだ。
つまり、複数のデバイスで接続先を切り替えることができない。

一度iPadに接続してしまうと、もうそれ専用機となる。「Macでも使いたいな」と思ったら、一度iPadとのペアリングを解除して、あらためてMacと繋ぎなおす必要があるのだ。

最初は我慢しようと思った。しかしどーーーにも無視できない。

だって、ぼくのデスクには常にMacとiPadが置いてあるのだから。使うデバイスに応じて、違うキーボードを持ち出して使うなんて、そんな非効率なことはできなかった。ただでさえ小さいぼくのデスクに、そんな余裕もない。

かくしてぼくは、このマジックキーボードをメルカリに出品して、あたらしくロジクールの「MX Keys Mini」を買ったのだった。

今日もお付き合いいただきありがとうございます。

マジックキーボードのタイピング体験は、それはそれはすばらしいものだった。iPadでストレスのないタイピングを期待するなら、間違いない選択肢だと思う。

AirPodsなどではすばらしいワイヤレス環境を整えられるAppleが、なぜマジックキーボードはこんなにも粗悪なのか。。。思わぬところに落とし穴があったものだ。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想