タイトル画像

専門マスター

  • いいね

逆レッドヘッド?カラーデザイナーの意図とは  ◆オリジナルログ パールファイヤーテール◆

バス釣りインストラクター

バスプロ(プラドコアンバサダー)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いきなりですが、皆さんはこのカラーを見てどんな印象を受けるでしょうか?

珍しいとか変わってるとか見たことないとか思うかもしれませんが、私が最初に思ったのはデザイナーは何を意図してこのカラーをデザインしたのか?が気になりました。

やはり第一印象はレッドヘッドの逆じゃね?だと思います。

レッドヘッドの原点はどこのルアーか分かりませんが、バスルアーが最初だと聞きますし、ミノーに採用されているイメージが強いですね。

そこでツイッターに投稿された、まーさんから画像をお借りして、音声SNSクラブハウスのネタとして、みんなと議論してみました。

ある人は赤という色が最初に色調変化をするから…とか、またある人は白は膨張色だから…とか、頭を抱えながら回答されていました。

それだけ突飛なカラーだと言えるのかもしれませんね。

プラグの原点から考える

では私の見解を述べたいと思います。

まず最初に、こちらの記事でも書きましたが、プラグの原点はヘドンのスロープノーズで、最初のカラーはブルーヘッドでした。

ヘドン スロープノーズ ブルーヘッド プラグの原点
ヘドン スロープノーズ ブルーヘッド プラグの原点

なぜジェームズ・ヘドン氏はブルーヘッドをデザインしたのでしょうか?

一説によると、トップウォータールアーなので、バスはルアーを下から見上げる位置関係にあり、空の青とヘッドのブルーが同化して、ルアーが見え難くし誤ってバイトさせる事を目的としているそうです。

最初それを聞いた時は、私はボディーの白も光量が強いと見え難い色だと思っているので、少しは見える色を入れておく方が良いのでは?

なるほど、そこからレッドヘッドというカラーへと進化したのか!と勝手に解釈したのです。

レッドヘッドの意図

ではレッドヘッドは誰が何の意図でデザインしたのか?

詳しい事は分かりませんが、私はレッドヘッドの利点をこう解釈しています。

バスはルアーを下から見上げると、ホワイトボディーは太陽光と同化して見え難く、赤のヘッドは赤色や影の黒色として認識し易いカラーだとした場合、元々のボディーサイズに対して赤の面積が小さい事から、ボディーによる水押し効果でバスを気付かせて寄せるも、その大きさとは裏腹に小さい赤が目立ち、口を使わせる効果があるのではと思っています。

又、バスのようなフィッシュイーターは出来る限り頭からバイトしようとする習性があります。

ベイトの背ビレが喉に刺さり飲み込みにくいからです。

どっちが頭なのかの認識は3つあると思います。

泳ぐ進行方向、目玉がある方、そしてエラの赤色です。

頭を赤に塗装することで、バスはその頭の赤をエラと認識しバイトするのではないでしょうか。
だからデザイナーはバイトマーカーとして頭を赤に塗ったのではないかと思うのです。

ログというルアー特性から考える

頭から食わせたいからバイトマーカーとしての赤ではないか?とした場合、このルアーはテールが赤なので意に反しているではないですか!

でもそこに意図があると思うのです。

例えばこのバスベイト。

オリザラ3つ分の長さのワイヤー
オリザラ3つ分の長さのワイヤー

ブーヤーダンシングバズは全長36cm 画像提供:チョコボーイ松本さんより
ブーヤーダンシングバズは全長36cm 画像提供:チョコボーイ松本さんより

ブーヤー社のダンシングバズなのですが、異様に長いワイヤーは驚きの30cm!

なぜこんなにワイヤーが長いのか?

これもまるりん的解釈で解説すると、ペラの音に気づくのが遅れたバスやルアーに追いつけずバイトまで至らなかったバスを食わす為に、ワイヤーを長くするとこで追いつけるというものではないかと思うのです。

これと同じ効果を狙っているのではないだろうか。

ちなみにこのルアーはラトリンログではなく、スミスウィック社のオリジナルログで、カラー名はパールファイヤーテールと言い、ラトリンログの原型となるオリジナルログをオフト社が復刻させた希少なルアーです。

中央のフックを境に赤を入れる辺りが意味深に思う。画像提供:とーさんより
中央のフックを境に赤を入れる辺りが意味深に思う。画像提供:とーさんより

ログというルアーの特徴を考えると、キレのある突発的なダートアクションがウリであり、そのスピードからバスがミスバイトすることがあります。

先に誤解の無いようお伝えいたしますが、バイトミスするルアーは釣れないとか使えないという考えは捨ててください。

そもそもバイトすらしないスレバスがログのキレッキレアクションで我慢できずバイトしてくる優れたルアーなのです。

だから登場から何十年も経ちますが、未だ現役で売れているのが釣れる証拠です。

なぜそんなミスバイトをするのか?

それは頭を狙おうにも速すぎて追いつけなかったり、速すぎて食いそびれてしまっているからです。

だったらテールを赤に塗ることで、テールが頭と勘違いして出遅れてしまったバスも間に合いフックに掛かるかもしれない…

そんな意図からこのカラーをデザインしたのではないかと私は感じました。

皆さんはどんな意図があると思いますか?

アメリカンルアーって本当に考えさせられ勉強になりますね。

まるりんのYouTubeチャンネル:MBnet TV(みんなのバス釣りネット)
まるりんのツイッター//まるりんのフェイスブック//まるりんのインスタグラム
レクチャーガイド、セミナー、動画出演などのお仕事に関するお問い合わせはこちらのメールフォームまで

シェア

いいね

コンテンツへの感想