How to

POSCAで書けるぷっくり文字 その②【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。
今回は「POSCAで書けるぷっくり文字その②」です。

誰もが一度は使ったことがあるPOSCA、レタリングでは大活躍する優秀な画材の一つです。今日はそのPOSCAを使って簡単にできる、ぷっくり文字の書き方その②をご紹介します!

<道具>
・三菱鉛筆 uni POSCA 中字 2色
(同系色で濃い色と薄い色だと仕上がりが綺麗です)
・三菱鉛筆 uni signo 太字 ホワイト
・黒ペン(中〜太字)
・Seria 色画用紙 黒

<ポイント>
・2色使うと立体感が増しますが1色でも全く問題ありません。
・CやOなどのワンストロークで書く文字は半分ずつ色を変えて書くと色のバランスがよくなります。
・POSCAは乾くまでに時間がかかるので、必ずよく乾いたのを確認してから次の作業に進みましょう。
・前の文字から次の文字へ移るときは、前の線に次の線をわざと重ねて書くと綺麗につながります。
・Seriaの色画用紙は100円ショップの中では一番POSCAが毛羽立たず綺麗に書けでおすすめです。

色付き画用紙とPOSCAの相性はとても良く、色の組み合わせ次第で見栄えのいいものがたくさんできます。
僕のInstagram: @bechori777内でもいくつか投稿しているのでよろしければご覧ください。
POSCAで書くぷっくり文字、ぜひ試してみてください!

…続きを読む

How toの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る