How to

母の日 thank you momを書こう【bechoriのカリグラフィー入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのカリグラフィー入門。今回は「DAISOカリグラフィーマーカーで書く 母の日 thank you mom」です。
前回動画のカーネーションのイラストに添える文字を入れて、母の日カードを完成させます。
文字もDAISOカリグラフィーマーカーで書いてみました。前回動画と合わせてご覧ください。
100円ショップのペンでもここまで書ける!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【道具】
・DAISOカリグラフィーマーカー(動画の文字にはコーラルピンクを使用)
・カード(動画ではDAISOエンボスペーパーを使用)
・PILOT フリクションペン
・定規
・ドライヤー

【ポイント】
・事前にレイアウトを決めよう
・ガイドラインはフリクションペンが便利
・一文字一文字、ゆっくり心を込めて書く!

【手順】
①レイアウトを決める
カードのどこに何を書くかをざっくりイメージして決めましょう。
カードを縦に使うか横に使うか、イラストと文字はそれぞれどこに決めるか‥などです。
不安な場合は、カードと同じサイズの紙を用意しざっくりスケッチしてみるのがオススメです。

②イラストを入れる
前回動画で紹介したようにマーカーを使ってカーネーションを描きます。

③ガイドラインを引く
文字を書くスペースにガイドラインを引きます。今回の文字はゴシック体で使用するペン先の幅は3mm。
ガイドラインの比率は上から「2:4:1.5」なので定規を使って幅を図りながら線を引きます。
この時フリクションペンで線をひいておきます。

④文字を書く
ガイドラインに沿って文字を書いていきます。
動画では尺の関係上5倍速になっていますが、一文字ずつ、ゆっくり丁寧に心を込めて書きましょう。

⑤ガイドラインを消す
フリクションペンで書いたガイドラインにドライヤーの熱風を当てて線を消します。
フリクションペンのインクは熱で消える習性があるのでそれを活用します。
鉛筆やシャープペンシルで書いた線を消しゴムで消すよりも、手早く紙を汚さずに済むのでオススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母の日にはカーネーションと一緒に手書きのカードを書いてみたら
お母さんはきっとびっくりしながらも喜んでくれるはず。
手書き文字で書いたカードはもらうと本当に心がほっこりするものです。
ぜひ参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む