How to

始めようモノラインレタリング 書き方の基本とコツ【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「モノラインレタリング 書き方の基本とコツ」です。
タイトルは地味ですがモノラインのコアと上手く書くためのちょっとしたヒントを解説しています。
今回の内容はブラシレタリングにも通じるものがあるので参考になると嬉しいです!

【動画で使用している道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA 中字
・紙:RHODIA ドットパッド
・定規・シャープペンシル

【ここがポイント】
①文字の傾斜と高さを揃える
②文字の繋げ方を理解する
③ループは無理にしなくてもOK

↓↓以下詳細解説↓↓

①文字の傾斜と高さを揃える

モノラインレタリングの基本にして最大のポイントはこれです。特に縦線の傾斜が揃っていると全体的に整って見えるので重要です。
傾斜の角度は何度でも構いませんが重要なのは「全ての縦線の傾斜角度が同じであること」。慣れないうちは自分でガイドラインを紙にひいて、その上からガイドラインの各ラインに収めるように書いてみましょう。

モノラインのガイドラインの比率や傾斜の角度に規定はなく、全く自由です。今回動画内で紹介しているのは僕個人の好みの比率と傾斜角度です。参考程度にご覧ください。

②文字のつなげ方を理解する

モノラインレタリングは一本線で文字を書きますが一筆書きではありません。ワンストロークずつ筆を紙から離して書いていくのは他の書体と全く同じです。

文字の繋げ方のポイントは

1)文字の終わりのストロークが右上に上がるときは、終わりをしっかり上げる(Xハイトの真ん中まで)
2)次の文字の縦線を被せるように重ねて2つの文字を繋げる
3)文字の繋がる箇所が全てXハイトの真ん中で揃うのが理想
4)右上がりで終わらない文字は無理に繋げなくても大丈夫です(無理やりつなげると違和感が出てしまうため)

③ループは無理にしなくてもOK

文字によっては一部ループする箇所がありますが、ループすると文字が潰れやすくなります。慣れないうちは難しいのでシンプルにするのもありです。個人的にはむしろシンプルのほうが味が出て好きです。好みによって取り入れてみてください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モノラインはさも一筆で書いたように見せるのがポイントです。シンプルな一本線なので少しの乱れが目立ちやすいですが、抑えるべきポイントを知っているとかなり上達スピードに差が出ると思います。ぜひ参考にしてみてください!

次回はモノラインレタリングの基本ストロークについて解説します。お楽しみに!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む