How to

モノラインレタリング 小文字を書こう abcd【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「小文字を書こう abcd」です。
今回から数回に分けて小文字のアルファベットの書き方を一文字ずつ解説していきます。今回はa,b,c,dの4文字です。画面を2分割して少しでもわかりやすいようにしたつもりなので、それが伝われば嬉しいです。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA(中字)
・紙:RHODIA ドットパッド
・シャープペンシル&定規→ガイドラインを引くため

【画面の見方とポイント】
①画面左はその文字に使用している基本ストロークを表示しています。
②画面右は文字の実際の書き方
③一部基本ストロークが変形するものもあります

【各文字の書き方とポイント】

※練習の前に必ずガイドラインを引きましょう。(動画内のガイドライン比率は上から2:4:1.5)

小文字a)
・左右対称の楕円形(オーバル)を書く
・上から縦線を書く。このときオーバルを潰さないように気をつける
・下でターンして高く戻して終わる
・オーバルの中心線と縦線を平行に揃える

小文字b)
・アセンダー(一番上のガイドライン)から縦線をまっすぐひく
・縦線に重なるようにオーバルを書く。このときのオーバルは10時の場所から書きます。
・a同様、オーバルの中心線と縦線を平行に揃える
・綺麗なbは上下逆にするとqに見えます。

小文字c)
・オーバルの一部が欠けたイメージで、繋げずに途中で線を止めて終える

小文字d)
・オーバルを書く
・アセンダーから縦線をまっすぐひく。このときオーバルを潰さないように気をつける
・下でターンして高く戻して終わる
・オーバルの中心線と縦線を平行に揃える
・綺麗なdは上下逆にするとpに見えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回共通しているのはすべて基本ストロークのオーバルです。このように同じストロークで構成されている文字をグルーピングして練習すると、基本ストロークと文字の両方を兼ねて練習できるのでオススメです。オーバルを書くポイントは、見えない中心線を意識すること。またbとdは上下逆にするとそれぞれqとpに見えるはずです。何度も書いてバランスが取れているか確認しながら練習してみましょう。

次回は小文字の e f g h の書き方を解説します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む