How to

モノラインレタリング 小文字を書こうefgh【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「小文字を書こうefgh」です。
前回よりも上や下のカーブやイレギュラーなストロークが増えて行きます。基本ストロークの組合せには変わりないので難しいと思ったら、基本ストロークに戻って練習してみてもいいかもしれません。今回も使用している基本ストロークとあわせて一文字ずつ解説しています。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA
・紙:RHODIA ドットパッド
・シャープペンシル・定規(ガイドライン用)

【ポイント】
①eの書き方は二通り
②fとgの下のカーブは綺麗な半円
③hの二画目は必ず縦線の根本から書く。

【各文字の書き方とポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう。動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字e)
・オーバルをベースにしている文字。真ん中から一筆で書いてもよし、2画に分けてかいてもどちらでも構いません。
・2画に分けて書くときは必ず時計の2時の場所から書き始めます。
・最終的な形が左右対称の楕円形になるようにバランスをとりながら書きましょう。

小文字f)
・上のちょっとしたからカーブして入り、縦線を下にまっすぐひきます。
・下のちょっと手前からカーブして終わります。このときのカーブは綺麗な半円をイメージ。
・最後にウエストラインにクロスバー(横棒)をひいて完成です。

小文字g)
・オーバルを書いたら縦線を添えるように書きます。
・下のちょっと手前からカーブさせて終わります。このときのカーブは綺麗な半円をイメージ。
・オーバルの中心線と縦線が平行になるように揃えましょう。

小文字h)
・上から縦線をまっすぐ書きます。
・2画目のコンビネーションストロークは必ず縦線の根本から書きます。線の途中から書き始めると横幅で野暮ったい文字になりやすいです。これはk,m,nにも共通します。意識して練習してみましょう。
・三つの縦線全てを平行に揃えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曲線が増えてくると縦の線を平行に揃えるのが難しくなってきます。その際のポイントは2画目を書くときは、一つ前のストロークを見つつ全体のバランスをとりながら書くことです。今書いている線だけに集中すると全体が見えなくなってしまいます。顔を紙面に近づけすぎつ、俯瞰して文字を見ながら書くのが大切です。

次回は小文字のi j k l の書き方を解説します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む