How to

モノラインレタリング 小文字を書こう i j k l【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「小文字を書こう i j k l 」です。
ドットを含む文字が出てきたり、kはちょっと複雑に見えたり、また新しい要素が登場します。今回も一文字ずつ使用してる基本ストロークと合わせて解説していますので、参考にしてみてください。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA
・紙:RHODIA ドットパッド
・シャープペンシル・定規(ガイドライン用)

【ポイント】
①iとjはドットを線の延長線上に打つ
②kは基本ストローク3つの合体
③lは基本ストロークの変形版

【各文字の書き方とポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう。動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字i)
・基本ストロークの最後を短くして終わります。
・終わりの線はXハイトの半分くらいの高さまでしっかり上げましょう。
・ドットはメインの縦線の延長線上に打ります。
・2つの縦の線は平行に揃えます。

小文字j)
・縦の線を書いたら、下のちょっと手前で半円のカーブ
・iと同様、ドットは縦線の延長線上に打ちます。

小文字k)
・複雑に見えますが、基本ストローク3つの合体です。
・一筆書きではなく3画に分けてバランスを取りながら書くと綺麗にかけます。
・2・3画目は基本ストロークの変形ですこしすぼんだターンのイメージです。

小文字l)
・縦の線→半円カーブ→終わりの線をしっかり上げます。
・高さの目安はXハイトの半分まで。lは特に最後をしっかり上げないと野暮ったくなるので意識しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ターンを含む文字は縦の線を平行に揃えるのが共通のポイントです。kは複雑に見えますが3画に分けて書くとバランスがとりやすいです。繰り返しですがモノラインは一筆書きではありません。ワンストロークずつゆっくりしっかり丁寧に書くと綺麗な文字が書けます。参考にしてみてください!

次回は小文字の m n o p を解説します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む