How to

モノラインレタリング 小文字を書こう m n o p【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「小文字を書こう m n o p 」です。
今回はカーブが連続する文字があったり、全体的に曲線が多いです。今回も一文字ずつ使用してる基本ストロークと合わせて解説していますので、参考にしてみてください。

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA
・紙:RHODIA ドットパッド
・シャープペンシル・定規(ガイドライン用)

【ポイント】
①mとnは綺麗なカーブと間隔が鍵
②oは左右対称の楕円形
③pのオーバルは時計の10時の場所から書く

【各文字の書き方とポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう。動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字m)
・オーバーターンが2連続にコンビネーションストロークが続く難易度高めの文字です。
・2・3画目は必ず線の根本から書き始めます。線の途中から書き出すと横幅に広がり野暮ったくなりやすいです。
・すべての線の間を等間隔にすると綺麗に見えます。
・縦線はすべて平行に。
・最後の上に上がるストロークはぐいっとしっかり上げましょう。上げが不十分だと次の文字に繋げにくくなります。

小文字n)
・mのオーバーターンが一つ減ったバージョンです。
・2画目は必ず線の根本から書き始めます。理由は同上です。
・これもすべての線の間を等間隔にすると綺麗に見えます。
・縦線はすべて平行に揃えましょう。
・m同様最後のストロークをしっかりぐいっと上げましょう。

小文字o)
・基本ストロークのオーバルそのものです。
・左右対称の楕円形をイメージして、時計の2時の場所から書き始めます。
・次の文字に繋げるときは、時計の2時の場所から少し線を出します。

小文字p)
・縦線をまっすぐ引いたら、時計の10時の場所から逆オーバルを書きます。
・このとき縦線とオーバルの中心線が平行になるように揃えましょう。
・逆オーバルはいびつになりやすいです。左右対称の楕円形をイメージしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返しですが、モノラインレタリングは一筆書きではありません。mもnもワンストロークごとに筆を紙から離して大丈夫、必ず数回に分けてゆっくり書くと全体のバランスが取りやすくなります。pをはじめ、縦線+オーバルの組合せでできている文字は、縦線でオーバルを潰さないように気をつけましょう。綺麗なオーバルを書けているか自分で判断する方法の一つは、オーバルの中の空白のスペース(カウンタースペース、またはネガティブスペース)も左右対称の楕円形を保っているかを見ることです。この空白のスペースの楕円を線で潰さないことが重要です。

次回は小文字の q r s t を解説します。小文字解説編も折り返しです。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む