How to

モノラインレタリング 小文字を書こう q r s t【bechoriのレタリング入門】

bechori

レタリング・カリグラフィー愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

bechoriのレタリング入門。今回は「モノラインレタリング 小文字を書こう q r s t」です。
今回は共通するポイントが多い文字が集合しているので練習するときのコツがつかみやすいと思います。前回同様、文字に使用している基本ストロークと一緒に一文字ずつ解説していきます!

【動画内使用道具】
・ペン:三菱鉛筆 uni POSCA(中字)
・紙:RHODIA dotpad
・シャープペンシル&定規(ガイドラインを引くのに使用)

【ポイント】
①qは3画に分けて書く
②sとrは首をすこしだけ上に出す
③tは最後をしっかり上げる

【各文字の書き方のポイント】

※文字を練習するときは必ずガイドラインを引きましょう!動画内のガイドライン比率は上から「2:4:1.5」です。

小文字q)
・複雑に見えますが3画に分けて書きます。
・ワンストロークごとにペンを紙から離しながらゆっきり書きましょう。一筆書きではありません。
・オーバルを書いたら縦線を添えるように書きます。
・下の手前でカーブさせ、ベースラインと縦線が交わるところを目がけてわっかを書きます。
・2画目の終わりから右斜め横に線を足して完成。この線の高さの目安はXハイトの1/2です。

小文字r)
・下から上へ縦線を伸ばします。このときウエストラインからわざと少しはみ出して終わります。
・ウエストラインから右斜め下に短く線を引き、くびれさせたら下に縦線を引きましょう。
・下の手前でカーブさせ、終わりの線を。終わりの線の高さの目安はXハイトの1/2です。

小文字s)
・3画に分けて書きましょう。
・ワンストロークごとにペンを紙から離しながらゆっきり書きます。一筆書きではありません。
・下から上に縦線を伸ばします。このときウエストラインからわざと少しはみ出して終わります。
・2画目は少し右に膨らませながら緩やかなカーブの線を下ろし、1画目の縦線にぶつけます。このとき少しだけ線をはみ出させます。
・3画目は2画目の一番下のカーブの頂点あたりから右斜め上に線をひきます。

小文字t)
・ウエストラインのちょっと上から縦線をまっすぐ下ろします。
・下の手前で半円のカーブを描き、そのままぐいっと上へ線を上げます。線の高さの目安はXハイトの1/2です。
・最後にウエストラインに横棒を引きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

r、s、tはウエストラインからわざと少しはみ出させるのがポイントです。ここがはみ出てないと単語にしたときに全体のバランスが乱れてしまいます。最初はよくあるパターンなのでこれを機に覚えておくと良いでしょう。3画で書く文字は一筆書きではないので、必ずワンストロークごとにペンを紙から離し、ゆっくり書くと綺麗な文字が書きやすいです。参考にしてみてください。

次回は小文字の u v w の書き方を解説します。お楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この動画がいいなと思ったらいいねとフォローをいただけると嬉しいです!

…続きを読む